不正咬合(ふせいこうごう)とは

正常咬合の範囲からはずれた歯並び、かみ合わせのことをまとめて不正咬合といいます。
でこぼこや隙間、出っ歯、受け口などをはじめ、前歯で噛めないとか、顎の負担が強い、といった機能的なものまで、様々な不正咬合が存在します。
不正咬合の原因となるものも、単純な歯の生え方ばかりでなく、口腔周囲の筋肉の働き方や習癖の影響、歯の生える土台となっている骨格のバランスなど、様々な要因があります。
【主な不正交合】
 ・叢生(そうせい)
 ・上顎前突(じょうがくぜんとつ)
 ・反対咬合(はんたいこうごう)
 ・上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)
 ・開咬(かいこう)
 ・過蓋咬合(かがいこうごう)
 ・交叉交合(こうさこうごう)/クロスバイト
 ・顎偏位(がくへんい)
 ・正中離開(せいちゅうりかい)/すきっ歯