矯正治療の有力な選択肢 舌側矯正 Lingual orthodontics

渋谷矯正歯科 > リンガル治療内容 > 舌側矯正について

舌側矯正とは?

「舌側矯正」は、別名「リンガルブラケット矯正」と呼ばれるもので、矯正装置が歯の裏側につくため「矯正装置が他人から気付かれにくい」「見えにくい」という点が最大の特徴です。

舌側矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 装置が目立たない
  • 食事のストレスが少ない
  • 前歯がいち早く揃う
  • 表のエナメル質を傷めない
  • 歯を後退させやすい
  • スポーツ・アクティビティに支障がない
メリットについて
もっと詳しく見る

デメリット

  • 治療開始直後は話づらいことがある
  • 装置のお手入れ(歯磨き)に気を使う

舌側矯正の期間について

裏側タイプの舌側矯正の治療期間は他の矯正方法の治療期間と特に差はありません。矯正治療の期間の「長い・短い」は基本的に症状に関係してきます。前歯部分のごく小さな乱れであれば、1年以内での治療が可能ですが、かみ合わせの調整を含め歯列を大きく動かしていく治療の場合には 1 年半から 2 年をかけて装置を付けます。

難しい症状の場合にはもう少し時間がかかることもありますが、「歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療」や「外科矯正」を組み合わせることで、一般的な矯正治療とあまり変わらない期間で治療をすることができるようになってきました。

上記の期間がワイヤーとブラケットを装着する期間です。この後、「保定期間」に入りますが、この期間の間は、矯正治療で動かした歯が安定するための大切な期間です。「後戻り」が起こらないよう、マウスピース型の矯正装置を所定の時間着用します。

舌側矯正の痛みについて

渋谷矯正歯科の舌側矯正で使用している矯正器具(ブラケット)は「セフルライゲーション」タイプです。このブラケットはワイヤーを固定せず、ブラケット部分に通すだけなので、摩擦力が減り、従来よりも歯にかかる力が小さくなります。歯に対して一度にかかる力が強ければ痛みも強く、歯根へのリスクも高まりますが、歯に対してかかる力が小さいと、痛みも小さくなる傾向にあります。

とはいえ、「矯正装置の付けたて」や「装置調整のすぐ後」には違和感や痛みを感じることもありますが、少し経つと痛みは収まり、矯正期間中ずっと痛いということはありません。

「痛み」というのは個人の感覚によるものが大きいため、なかなか言葉で表現するのは難しいのですが、矯正治療で感じる痛みの種類についてよく言われるのは、「ジンジンするような痛み」「引っ張られるような感覚」「永久歯が抜けそうなときに感じる痛み」というものです。

渋谷矯正歯科では患者さまの感覚を大切にし、痛みにできるかぎり対処する治療を行っています。詳しくは歯列矯正の痛みについてをご覧ください。

渋谷矯正歯科 舌側矯正の特徴

日本矯正歯科学会専門医の総院長が監修
舌側矯正に積極的に取り組んできました

渋谷矯正歯科では、日本矯正歯科学会 専門医の総院長 東海林が統括し、医師・スタッフへの指揮を執ることで、さまざまな症状に対応した舌側矯正を提供します。定期的に行われる症例会では、スタッフ皆で知識を共有し、さらに良い治療を目指して意見交換を行う他、海外の学会にもドクター・スタッフらが参加し、現在なお進化し続ける「舌側矯正」について知識を深めています。

舌側矯正治療へのデジタル導入

渋谷矯正歯科では、患者さまの舌側矯正治療を支えるデジタル機器を重視しています。特に、歯科用 3DCT は矯正治療を始める際の精密検査に欠かせません。歯や顎周りの骨を立体的に映し出した CT 画像は歯の動かし方を決める治療計画や、矯正治療に伴うリスクを避けるために活用されます。また、CT で得たデータをもとに、治療のシミュレーションを行うことも可能です。

また、矯正治療では患者さまの「歯型」を必ず取ることになりますが、ここにもデジタル機器を導入しています。お口の中を撮影するだけで、コンピューター上に「歯型」が再現される「光学スキャニングカメラ」は患者さまの負担を減らすだけでなく、治療や施術にかかる時間を短くしてくれます。

デジタル設備について

歯科技工所を院内に完備
ドクターとの密接な連携を確立

舌側矯正装置の製作については外注するのではなく、渋谷矯正歯科グループの歯科技工所で矯正装置の製作を行います。

矯正装置の技工に関しては歯科技工士が担当しますが、院内、または近くの技工所で作業を行うので、コミュケーションを密に取ることができます。ドクターにとっては細かい希望を通すこともできるので治療にとってよい環境であることは間違いありません。また、歯科技工段階でもデジタル設備を導入しており、チェアサイドから技工所までがデジタルで結ばれた無駄のないフローが確立されています。

舌側矯正のメリット

  • 普段の生活では装置がみえません

    目立つ矯正装置が嫌で矯正治療をためらっていた方、キャビンアテンダント・アナウンサーなど職業的に目立つ矯正装置を禁止されていた方にも治療をおすすめできます。

  • 食事でのストレスが少ない

    表側矯正では、装置に食べ物がからまると目立つ傾向にありますが、 その度に歯磨きに行く訳にも行かず、外での食事に気を遣います。
     舌側矯正治療でもお手入れは必要ですが、装置が裏側のため、精神的な負担は軽減されます。

  • いち早く美しい歯並びを
    実感できる

    舌側矯正治療では、通常、治療から半年程度で前歯がきれいに揃うので、治療が終わるのを待たずに、前歯が揃ってきた段階で美しい歯並びを実感することができます。

  • 表のエナメル質を傷めない

    矯正治療のリスクとして治療中や装置撤去時に、歯の表面にごくわずかな亀裂(エナメルクラック)が生じることがあります。これらのわずかな亀裂は普段の生活でも生じることがあり、ほとんどの場合歯の健康への支障や治療の必要はありません。ただし、舌側矯正であれば装置が裏側につくため、表側にエナメルクラックができることがありません。

  • 歯を後退させやすい

    舌側矯正では奥歯を固定源として、歯をしっかりと奥へ引き込めるので、出っ歯や受け口といった症状に適しています。

  • スポーツやアクティビティを
    我慢しなくていい

    ボディコンタクトのあるスポーツでも、装置が裏側につくため、 唇を傷つける恐れはありません。また、管楽器等の楽器演奏も大抵の場合問題なく続けることができます。