menu
close

裏側矯正

lingual

大人の矯正は目立たない裏側矯正が
スタンダード

「渋谷矯正歯科」の 裏側矯正は、別名「舌側矯正」または「リンガルブラケット矯正」と呼ばれており、大人の矯正の選択肢として急速に成長してきた矯正治療です。

当院のグループ医院が初期の頃からこの矯正方法に注目していたのは、「裏側矯正」という治療方法が「患者さま」のことを考えた治療だからです。

矯正装置はその目的のために、「見た目」は二の次になっていましたが、長い矯正期間の中で矯正装置を気にする患者さんも多いと思います。「 裏側矯正」であれば歯の裏側に矯正装置が付くため、他人から気づかれにくく、人前に出ることが多い方でもそれほど気にすることなく矯正治療ができます。

treatment

渋谷矯正歯科の裏側矯正

矯正治療に本気で取り組む ドクターの「矯正専門」クリニック

渋谷矯正歯科を監修する東海林 貴大は日本矯正歯科学会所属の歯科医師として日本の矯正治療の発展を目標に治療と後身の育成に取り組んでおります。当院に在籍するドクター・スタッフは矯正治療を専門に扱い、また当院の特徴である「デジタルフロー」の経験を積んでいます。そうした「専門性」と矯正治療を行う患者さまの気持ちに寄り添うホスピタリティーを大切にしています。

デジタル設備の導入で「快適」かつ
「リスクの少ない」治療を目指す

ドクターやスタッフの技術はもちろんのこと、院内の設備も治療に関わる重要な要素です。矯正分野で進んでいる欧米諸国では常に新しい矯正関連機器が開発されています。特にデジタル分野の発展は目覚しいものがあり、「渋谷矯正歯科」では治療に役立つと考えたものは、よく精査した上で積極的に導入する構えでいます。
現在も3DCTや光学3Dカメラ、歯科技工用の3Dプリンターなど、治療の効率と精度を高める期待のある設備を導入しています。

短期間での治療完了を目指す姿勢

「渋谷矯正歯科」の裏側矯正はセルフライゲーションブラケットを基本的に採用しています。
セルフライゲーションブラケットは歯周組織に負担をかけない程度の矯正力をかけ、歯を動きやすくするブラケットです。
歯がよく動くことで、大人の矯正治療でも治療期間をできるだけ短く行うことを目指しています。
矯正コラム「長い矯正期間、短くできる?」も合わせてご覧ください。

case

裏側矯正症例



裏側矯正の治療例を見る ⇀

features

裏側矯正(リンガル矯正)の特徴

矯正専門医が語る!裏側矯正の注意点

裏側矯正装置の注意点について、ご説明いたします。
①話しづらい
②装置が当たる痛み
③食事のしづらさ
④歯磨きのしづらさ
⑤表側に装置を装着する事がある
これ以上にメリットもたくさんあるので、歯並び噛み合わせに不安がある方は渋谷矯正歯科グループへ相談にお越しください!

裏側矯正の注意点

装着後すぐは装置が気になる

舌側に装置が付く裏側矯正は、装着直後は下に装置が当たって気になる、という患者さまがいらっしゃいます。正しい舌の位置は上顎の前歯より少し下がった位置だと言われています。初めのうち矯正装置が気になっても、装置を避けるような舌の位置を無意識のうちに探し、正しい舌の位置へと落ち着いていきますのでご安心ください。

最初は装着が邪魔でしゃべりにくい

こちらも装置装着直後に起こりやすいもので、やはり舌の位置が関係しています。滑舌や発音に大きな役割を果たす舌ですが、徐々に装置があることに慣れてきますので、初めは滑舌が気になっていた患者さまも、1ヶ月程度(個人差があります)で気にならなくなることがほとんどです。

fee

裏側矯正治療費

カウンセリング
まずはご相談からお気軽にどうぞ。
無料
検査・診断料35,000円 (税込38,500円)
裏側矯正治療
必要最小限な治療で、美しい歯並びを目指します。
1,250,000円 (税込1,375,000円)

※矯正歯科治療は公的健康保険の対象外の自由(自費)診療となります。

■トータル治療費に含まれないもの


  1. 治療終了後のメンテナンス料:5,000円(税込5,500円)
  2. ビベラリテーナー(上下3個ずつのセット):35,000円(税込38,500円)
  3. 一般歯科治療(虫歯等)
  4. 抜歯代金:当院では1本15,000円(税込16,500円)
  5. ただし親知らずの抜歯は1本 25,000円(税込27,500円)

※上記料金には治療開始から終了まですべての料金が含まれています。
※治療費は治療期間と同様に個人差があります まずはお気軽にご相談ください。

裏側矯正 治療期間・通院回数について

治療期間2年~2年半程度
※治療期間には個人差があります。
保定期間治療期間と同程度
通院回数17~43
※通院回数には個人差があります。
通院頻度3~6週間毎
※通院頻度には個人差があります。