結婚式に向けた裏側矯正治療

渋谷矯正歯科 > リンガル治療内容 > 結婚式に向けた裏側矯正

オプション治療や治療計画の調整で
大切な1日を全力で応援します。

「挙式までに矯正したい」
でも間に合う?

最近では大人になってから矯正治療を行う人が増えてきています。治療を開始するタイミングは人それぞれですが、渋谷矯正歯科へのご相談では「結婚式」に向けて矯正を行いたいという患者さまをよく見かけます。

式を行うと決まった時から、結婚するお二人はとても忙しくなります。特に女性は、ドレス、ヘアメイク、ブーケをどんなものにしようか悩み、エステについても考え始めることでしょう。式の準備の多くは1年ほど前から始めると思いますが、その時になって「歯の矯正もしたかった!」と思いたつ方も多くいらっしゃいます。

矯正治療は歯並びによって治療にかかる期間がさまざまです。1年から2年ほどかける場合が多いのですが、歯の動きを早める処置を行う矯正期間を短くする治療を選択された場合や、軽度の歯並び不正向けの「部分矯正」が適用できる場合には、結婚式までに見える部分の歯並びをきれいにすることが可能かもしれません。

希望の期日に間に合わせる
裏側矯正治療の特徴

結婚式までに間にあわせるといっても、無理をして矯正治療を進めるわけではありません。渋谷矯正歯科では「裏側矯正治療」を中心に扱っていますが、この矯正方法は前歯部分を引き込みやすく、矯正治療期間の前半で前歯部分が改善しやすい特徴があります。

結婚式に間に合わせたい、とお考えになる方はやはり「見た目」を重視している患者さまが多いですが、矯正治療はもともと「かむ」機能のための治療であり、正しいかみ合わせが自然な口元・顔の印象につながっていきます。そのため、矯正治療では「見た目」だけ治すということはありません。でも、患者さまのお気持ちは痛いほど分かります。

そこで渋谷矯正歯科では、裏側矯正を用いて、希望の期限までにできるだけ「前歯部分」を改善して結婚式を迎えていただき、その後残りの矯正治療を行ってかみ合わせまでを含めた不正咬合(歯並び・かみ合わせの不正)を治療していく形をとっています。

これができるのは、他人には気付かれにくい「裏側矯正」だから。万が一、矯正装置を付けての結婚式を避けたい場合には、式の前にマウスピース型矯正装置(透明なプラスチックタイプの矯正装置で取り外しが可能)に切り替えるコンビネーション治療を選択いただくこともできます。もちろん、期間にゆとりのある方・歯並びの乱れが少ない方は矯正治療を期限までに完了させることも可能です。

結婚式に向けた
矯正治療の流れ

結婚式のその日に向けて
全力でサポートいたします。

カウンセリング

渋谷矯正歯科では、まず、カウンセリング時に結婚式の日程や、結婚式当日までの歯並びの状態のご要望などを詳しくお伺い致します。結婚式当日を第一の目標として、まず、特に他人の目に触れる前歯部を優先的に治療にしながら、ご要望の状態に出来る限り近づけるよう治療を進めます。

治療から式まで

結婚式当日までに十分な期間があれば、そのまま歯並び・噛み合せを改善致します。治療期間が足りない場合でも「裏側矯正」なら、矯正装置を装着したままでも他の人に気付かれにくくなります。また、ご希望に合わせてマウスピース型矯正への移行の可能性もございます。

挙式後

矯正治療が完了した方は保定期間(保定装置を装着し定期的に通院する期間)へ、まだ矯正治療が残っている方は引き続き通院をしていただきます。「結婚式」という目的で始めた矯正治療はその後の生活にも様々なメリットをもたらしてくれます。

ブライダルをきっかけに
ご自身の歯並びを見直してみませんか?

大人の矯正治療が増えていますが、「どのタイミングでする?」「矯正したいけど、普段の生活に支障はない?」といった疑問や不安で二の足を踏んでしまうという声も聞きます。ビジネスシーンで必要に迫られて、就職活動に向けて、といったきっかけもありますが、ポジティブなモチベーションとなる「結婚式」に合わせて矯正治療を始めることは、治療の継続にもプラスの効果をもたらしてくれます。女性も男性もご自身の晴れ舞台を前に、矯正治療を考えてみませんか?裏側矯正であれば、治療中の見た目のストレスも少なく、大人の矯正治療におすすめいたします。

矯正治療は患者さまの症状により 期間が異なりますのでご注意ください。