渋谷矯正歯科グループ裏側矯正とインプラント矯正

渋谷矯正歯科 裏側矯正総合TOP リンガル治療内容 > インプラント矯正治療

矯正用インプラントを利用した裏側矯正治療

インプラントアンカー
(歯科矯正用アンカースクリュー)とは?

 重度の出っ歯や受け口など難しい症状については、治療に長い時間がかかってしまったり、 外科矯正に頼らざるをえませんでした。
 けれども、インプラントアンカーの登場で歯列を大きく動かせるようになり、 裏側矯正治療と組み合わせることで、より広い症状にスピーディーな治療で対応できるようになりました。

 インプラントアンカーとは、歯科用の小さなチタン製のネジです。 失った歯の代わりに導入する人工歯と矯正用のインプラントアンカーは異なります。 インプラントアンカーは矯正治療の期間だけ口腔内に設置し、歯を動かす際の支点の役割を果たします。

矯正用のインプラントの設置場所

 インプラントアンカーを埋め込むのは、矯正治療の際に動くことのない骨格部分です。歯を動かす際のしっかりした固定源を確保することで、歯を効果的に動かすことができるのです。

 一般的な裏側矯正治療では、奥歯を固定源としていきますが、大きく動かそうとすると奥歯自体も動いてしまうため、歯の大規模な移動は簡単ではありません。そうした問題を解決するのがインプラントアンカーです。

電動トルクドライバーで設置

インプラント治療Q&A

骨にインプラントアンカーを入れる時痛くないの?
 矯正用インプラントは極めて小さい僅か直径 1.5mmほどのスクリューです。矯正用インプラントの施術時間は、1本あたり約20分ほどで終わります。表面に麻酔を施した後に局所麻酔をするので施術中の痛みはありません。
どうやって設置するの?
 埋入箇所へ局所麻酔を施し、インプラントアンカー用の電動トルクドライバーを使用して アンカーを入れていきます。電動トルクドライバーを使用することでシャフトの先端のブレがないので埋入部の皮質骨を必要以上に広げないため安定して定着しやすくなります。
インプラントアンカー使用中の痛みは?
 インプラント埋入後、骨に固定するまで待ってから固定源として使用していきます。 インプラントが安定してからは痛みや違和感は感じなくなります。
インプラントアンカーは矯正終了後どうするの?
 治療終了後にはインプラントアンカーも除去します。後は残りませんので安心してください。

ガミースマイルの矯正治療について

 「ガミースマイル」という言葉をご存知ですか? 笑ったときに歯ぐき部分が大きく露出される口元のことをいいます。骨格や歯並びが原因となっている場合には 見た目の問題以外にもかみ合わせなどの問題を引き起こしていることもあります。
 美容整形や審美歯科での治療を行うことが多かった「ガミースマイル」ですが、 インプラント矯正によって根本的な治療ができるようになりました。

ガミースマイルとは?

 下図のように笑った際に上の歯の歯茎が大きく見えすぎてしまうことを言います。 芸能人にもガミースマイルの方は多く、必ずしも直さなければいけない、といったものではありませんし、チャーミングな特徴として捉えることもできます。
 ただし、ガミースマイルは骨格や歯並びが原因になっていることも多く、ガミースマイルの方は噛み合わせ等その他の問題を抱えている場合もあります。

 右側の口元は左側に比べると、上顎の歯茎部分の露出が多いので、どちらかというと「ガミースマイル」と言えます。

ガミースマイルの原因とは?

 「ガミースマイル」になる原因にはいくつかありますが、多くの場合、 骨格や歯が原因となります。その他、上唇自体に問題がある場合、歯茎自体に問題がある場合なども稀にみられます。手軽な対症療法も多くありますが、根本的治療のためにはガミースマイルに対して多方面から理解しているドクターの診断が重要になります。

  1. 骨や歯が原因となる場合

     上顎の骨が縦に長い場合や、上顎の骨や歯が下顎と比べて前に出ている上顎前突(出っ歯)の場合にガミースマイルを引き起こしやすくなります。唇に対し、上顎の歯茎のアーチ部分が相対的に 長くなるので、歯茎部分が唇に収まりきらずに出ます。逆に言うと歯茎部分が上唇を押し上げてしまい、歯茎が露出してしまうのです。
     渋谷矯正歯科グループでは、こうした骨や歯が原因となっているガミースマイルの治療を行っています。これらの場合、ガミースマイルの問題だけでなく、噛み合わせ等の問題を抱えていることも多く、骨格や歯並びといった根本的な治療が効果的です。
     歯並びだけでなく、笑った時の歯茎が気になる方はカウンセリングや検査の際にお伝えください。

  2. 唇に問題がある場合

    上唇を持ち上げる筋肉が発達しすぎている場合や、上唇自体が縦に短い場合などがあります。

  3. 歯茎に問題がある場合

    歯茎が発達しすぎ、歯に覆いかぶさっている場合などがあります。

矯正治療は患者さまの症状により 期間が異なりますのでご注意ください。