10代の見えない矯正 子供の裏側矯正

渋谷矯正歯科 裏側矯正総合TOP リンガル治療内容 > 子供の裏側矯正

10代の矯正治療でも「裏側矯正」

思春期だからこそ
「見えない」裏側矯正

 子供の矯正治療は骨格へ積極的に働きかける「第1期」と 大人と同じ矯正方法が可能な「第2期」に分けられます。
 「第2期」も大人の矯正とは目的が異なりますが、裏側矯正装置を利用した 矯正治療が可能です。

小児矯正のメリット

  • 歯の交換期で矯正に有利
  • 親が管理できるので、治療を進めやすい
  • 歯の動きが早い
  • 永久歯を失わずに矯正できる
  • 虫歯のリスクを減らすことができる

小児矯正の目的

 「歯」だけでなく骨格へ働きかけ、歯並びや噛み合わせの乱れを 根本から解決していくこと、それが小児矯正の目的になります。

裏側矯正治療ができる
第2期治療について

永久歯が生えそろう時期から
成長が止まるまで

 永久歯がほぼ生え揃う時期の治療で、年齢の目安は10才前後です。永久歯を整え、大人になってからも正しいかみあわせ・きれいな歯並びでいられることを目標に治療を行っていきます。治療に用いる装置は、大人の矯正に使用できるような矯正装置が利用でき、「見えない裏側矯正」での治療も可能です。

第2期治療の目的

顔・歯のバランスを整える

 歯並びはもちろんですが、お顔(口元)や歯のバランスを整えていくことで、歯や骨格が正常に成長していくよう準備します。

永久歯の萌出スペースを確保する

 生えていない永久歯があるお子さまには、これから生えてくる歯がまっすぐ正しい位置に萌出できるよう、スペースを確保していきます。スペースを確保することで、歯が斜めに生えたり、ガタガタに並ぶことを事前に回避することができます。

子供の裏側矯正治療のメリットは?

 裏側矯正はお子様の矯正治療にも適用できます。 装置が歯の裏側につくため、見た目を気にせず、普段の生活も犠牲にすることなく矯正治療を 行うことが可能です。

  • 友達に気づかれにくい

     装置が裏側につくので、普段の生活では目立ちにくく、 見た目を気にする思春期のお子様でもストレスがありません。

  • 治療期間が短い

     成長期のお子様の歯は動きやすい上、裏側矯正治療は奥歯を固定源に前歯を動かしやすく、より短期間で矯正治療が可能です。

  • スポーツなど学校生活にも影響が少ない

     装置が裏側につくため、スポーツ中に友達とぶつかったり、ボールが口元に当たっても、唇側を傷つけない特徴があります。また、楽器の演奏についても問題ありません。

矯正治療は患者さまの症状により 期間が異なりますのでご注意ください。