重度の出っ歯と乱杭歯を非抜歯にて治療

矯正治療前

study_56_ph02_01
study_56_ph02_02study_56_ph02_03study_56_ph02_04study_56_ph02_05

重度の凸凹で見た目が気になり思いっきり小学生以来、口元がコンプレックスで歯を見せて笑えないと話していた患者さんです。 本来であれば抜歯の適応ですが本人の希望で非抜歯にて治療を行うことになりました。

矯正治療後

study_56_ph04_01
study_56_ph04_02study_56_ph04_03study_56_ph04_04study_56_ph04_05

重度の凸凹の改善をしましたにも関わらず、横顔の突出感もなくなりE-line(鼻の先端と下顎の先端)に対して理想的な位置になりました。  最新のセルフライゲーションブラケット(摩擦をほとんど受けない)を使用することによりある程度は自然に拡大するので かなりの凸凹でも非抜歯で改善可能になりました。

※ 患者さまの承諾をいただいて掲載しています。