院内設備

 equipment_01_02

より快適に、より安心できる矯正治療のために

渋谷矯正歯科は開院から「正確な診断と質の高い治療」にこだわっています。「見えない裏側矯正」専門クリニックとして、患者さんのお考えとお気持ちをじっくり伺うカウンセリングをもっとも大切にしています。最新設備による精密な検査に加え、矯正専門医による正確な診断と治療計画による質の高い矯正治療をご提供します。
渋谷への移転開業を機に新世代のデジタル化された矯正治療をスタートしました。最新の歯科用 CT で得られる三次元データをもとに診断だけでなく高精度な三次元モデル(画面上の模型)を使った治療計画、デジタルの三次元データを活かした矯正装置の作成(3Dデジタル裏側矯正)など、一歩先をいく矯正治療環境を用意しています。

歯科用 CT による精密な検査と三次元モデルによる診断

ct_scan ct_exam_03

検査から分析・診断・治療につながる模型製作(三次元モデルを含む)までの基礎データとなるのが歯科用 CT です。渋谷矯正歯科では患者さんの安全を最大限に考え、従来の 1/10 以下と被ばく量が少ない最新鋭の歯科用 CT を使用しています。歯科用 CT により立体的で正確な三次元データがとれるため、より安全で正確な診断がおこなえます。裏側矯正やサージェリーファースト(外科矯正)を質の高い治療として提供するために豊富な検査データは必要不可欠です。

コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成を行うことで、断層画像を得る事ができる装置です。一般のレントゲンでは撮影できなかった見えなかった部分が容易に確認できる様になりました。また、歯科用CTでは、あごの内部構造や埋伏歯と細かい歯の構造まで撮影することができ、立体的な位置関係を確認することができます。

デジタルレントゲン

equipment_01_ph08デジタルレントゲンは「側面・正面からみた骨格が原因の問題点」と「歯と歯の根、顎関節の状態」を調べます。骨と軟組織が明るくクリアに撮影できるので正確な骨格の分析ができます。これにより歯の修復物や根の状態などを極めて正確に診察することが可能で、この撮影データを高品質な模型製作に活用しています。