咀嚼(そしゃく)とは

食べ物を歯で噛んで、すりつぶし細かく砕くこと。
咀嚼という行為自体が、食物の消化吸収率を高めたり、顎骨の成長を促したり、唾液の分泌により口腔内の環境を整えるなどさまざまな役割を果たす。