歯根(しこん)とは

歯の下部の歯槽骨の中に入っている部分。エナメル質より下部の根っこの部分を「歯根」といいます。
歯根の表面からセメント質、象牙質、根管という構造になっている。歯根と歯槽骨の間には、歯根膜という繊維状の組織がありクッションになっている。
歯ぐきが健康な状態では、歯根は歯ぐきに埋まっていますが、歯周病などが進行し、歯槽骨が減って歯ぐきが下がってしまうと、歯根は歯ぐきから露出してしまいます。 この場合、セメント質は非常に虫歯になりやすいので注意が必要です。