クロスオーバーとは

前歯には裏側に矯正装置を着け、奥歯には表側に装置を着ける治療技術です。
見えない裏側矯正治療では奥歯に装置を取り付けると「違和感が強いのでは」、もしくは「嘔吐反射(吐き気を催す)がでないか不安」言う方がいます。これによってまったく他人には気がつかれずに奥歯の違和感を取り除くことができるのです。