後戻りとは

別名:リラップス。
歯列矯正によって歯並びが改善したあと、矯正装置で動かした歯が治療前の元の位置に戻ろうとして、再び歯並びが悪くなること。
矯正治療で歯ならびや噛みあわせを治した後に、矯正装置を外してしばらくの間は、動かした歯の周囲の組織が不安定で元に戻りやすいく、安定するには相当の時間がかかります。
その他にも、舌や噛む力など、色々な要因の影響を受けています。

このため、矯正治療が終了した後も、リテーナーを使用して、現状を維持しながら安定していくよう保定していくのが一般的です。