裏側矯正中は話しにくくなりますか。

小学生のころから歯並びが気になっていたのですが、ずっと決心がつかずにおります。
一昨年からカウンセリングなどをいくつか受けてみたのですが、やはり決心がつかずにまだ踏み出せていません。歯並びは直したいけど本当にきれいになるのかなどたくさん不安があります。
こちらのHPを拝見して、裏側矯正でもみなさんきれいな歯並びを手に入れていらっしゃるのを観て、とても興味を持ちました。表から見えない、というのが何よりよいと思います。
すこし気になるのが発音です。英語を使う仕事をしているのですが、私の感覚だと、日本語よりも舌が歯の裏に触れて発音することが多く、裏側矯正をすると話しにくくなるのではないかと気になっています。
その点は、どうなのでしょうか。患者さんで外国の方や、英語を使ったお仕事をされているかたはいらっしゃいますか。
また以前、カウンセリングを受けた際、上前歯2本の歯根が普通よりも半分くらい短いと言われました。これは裏側矯正では処置は難しいですか。おしえていただければと思います。よろしくお願いします(T.H 様)

T.H様
はじめまして、渋谷矯正歯科の東海林 貴大(しょうじ たかひろ)と申します。
歯並びを治したいけれど、矯正治療に不安があるという気持ちはとてもよくわかります。

そのような方にはまったく気がつかれずに治療が行える裏側矯正はとてもよいと思います。
ご質問いただいた英語の方が裏側矯正に影響があるのではないのではということですがご指摘のように英語の方が舌や歯の裏側を使った発音が多いということはあります。

しかし、装置が阻害して発音しにくくなるというより、装置があることによって無意識のうちに舌が装置をよけることで発音しにくくなるので舌が装置に慣れてくれば自然と改善していきます。

ですので英語でも日本語でも装置があることに慣れてしまえば問題ありません。

また、装置も裏側矯正の装置の中で一番小さな装置を使っていますし、一度にすべての歯に装置を着けるのではなく、時間がかかる部位から順に着けていくので段階的に慣れていくように工夫もしています。

そして、外国の方や英語を使った仕事をしている方も治療をしていますのでご安心ください。

また、上の前歯、2本の歯根が短いということですが、特に裏側矯正で治療が難しいということはありません。
ただ、矯正治療では歯根吸収のリスクがあるためその点は心配です。

レントゲンをとればもう少しはっきりとしたことが言えると考えます。

他にもなにかわからない点があればお気軽にご質問ください。

渋谷矯正歯科 東海林 貴大