上前歯の凸凹と下の乳歯晩期残存とスペースを治療

上前歯の凸凹と下の乳歯晩期残存とスペースを治療

約2年弱、思っていたよりも楽しく、自分と向き合う良い時間になりました。
東海林先生はじめ、スタッフの皆様に支えられてここまでたどり着くことができ、感謝です。
生まれつき永久歯が無く乳歯のままの箇所であり小さい頃から虫歯治療に行けばかならず、ブリッジを勧められました。しかし「健康な歯を犠牲にする」ことがどうしても受け入れられず、乳歯が折れてもすきっ歯のまま歯医者さんから逃げ回ること10年、いつしか歯並びもガタガタ。いつも口元を手で覆って思いきり話をすることが出来なくなっていました。

初めのうちこそ慣れない口内環境に苦労しましたが、クリニックの雰囲気も良いので通いやすかったし、今となってはワイヤーのテンションも装置のでこぼこ感も無かったら無いで何だか口さみしいものです(笑)だんだんと目的のポットへ移動していく自分の歯に、小さい力の毎回積み重ねの大切さを感じ、周囲の人から「顔が小さくなった」、「歯並びがキレイになった」と声をかけられると、とても励みになりました。

決して気軽な金額ではないけれど、一歩を踏み出そうか迷っている方、流行の投資よりきっと大きな財産を得られると思います。何しろ自分のカラダとは、一生付き合っていくものだから。

※ 患者さまの承諾をいただいて掲載しています。