八重歯の上下凹凸を矯正したいのですが、親知らずを抜く必要はありますか。

私には八重歯があり、上の前から2番目の歯が、後ろに下がっており、下も前歯四本が極度の凸凹で、矯正する事を考えています。 そこで質問なのですが、上の親知らずが左右生えてきているのですが、矯正する場合は必ず抜くものなのでしょうか?もしそうなら、矯正治療を始める前に、かかりつけの歯科で抜いてしまおうと思うのですが…。
矯正でも抜歯ケースになる…と思うと、少し不安です。お金もかかるし、まだすぐには治療出来るか分からないので、親知らずを抜く必要があるなら、事前準備として考えてみようと思っています。

八重歯に上下凸凹があるということで矯正を考えられているということですね。
前歯の凸凹や八重歯は見た目の問題だけではなく、虫歯や歯周病の原因になりさらに、前歯が機能しないことによって奥歯やあごや全身のバランスに負担をかける可能性があります。
矯正治療を行うことによりそれらの問題点が解決するので治療を行うことは とても重要です。

また、親知らずに関しては必ず抜かなくてもいけないということではありませんが歯並びやかみ合わせに問題を与えている場合は抜歯が必要になります。
矯正治療では凸凹がとても大きかったり、口元の突出が強い場合に、必要に応じ、小臼歯といわれる前から4番目あるいは5番目の歯も抜くことがあります。

親知らずと小臼歯の抜歯が必要になった場合は、たくさんの歯を抜かなくてはいけないので歯科治療が苦手の場合は躊躇することがあると思いますが、その場合は鎮静法という、仮眠している状態で抜歯すれば負担はかなり軽減します。

矯正治療は大変なことも多いですがそれ以上にきれいな歯並びと、正しいかみ合わせは一生を通じてメリットがあるので、ぜひ前向きに検討してみてください。