デジタル裏側矯正を支える設備

渋谷矯正歯科 裏側矯正総合TOP リンガル治療内容 > デジタル設備について

渋谷矯正歯科グループの
裏側矯正を支えるデジタル設備

 渋谷矯正歯科グループでは各院に歯科用CT、デジタルスキャニングシステムを導入し、裏側矯正とデジタル設備の組み合わせで、患者さまへの負担が少ない裏側矯正を目指しています。

精密検査で活躍する「歯科用CT」

歯科用CTとは?

 歯科用 CTとはコンピュータを使ったデータ処理と画像の再構成を行うことで断層画像を得る事ができる装置です。脳神経外科をはじめ高度医療現場ではすっかり一般化してきました。
 矯正治療、歯科治療においてもCTを利用することによって、通常のレントゲン撮影では見えなかった部分が容易に確認できる様になり治療の精度を大きく高めます。

歯科用CTのメリット

  • 患者さまの状態を「見える化」できる
  • 歯根まで3Dで把握でき「精確な診断・治療計画」に貢献
  • デジタルシミュレーションで患者さまにも「分かりやすい」
  • 他のデジタル機器と連携させ、治療フローをシンプルに
  • 「短期の裏側矯正」にも貢献

治療への貢献

 また歯科用 CT は顎の内部構造や埋伏歯など口元の細かな状態まで撮影することができ、立体的に治療箇所の位置関係や問題を把握することができます。そのため、矯正治療過程での歯の動きについてもより効果的に計画を立てることができます。

身体への影響

 歯科用CTは 撮影箇所が限られており、撮影時間が短いのが特徴です。 医科用CTやフィルムを使用した従来のレントゲンに比べると被ばく量も約1/50〜1/8程度と低水準です。

患者さまの快適さのために
光学デジタルスキャナ

快適な歯型取得を実現する
口腔内 3D スキャナーとは?

 歯科用CTが歯や歯根(歯の根の部分)、神経の位置などお口全体を検査するものだとすると、3Dスキャナーは「お口の中」を精確に「計測」する装置です。

 スキャンを行う際には、お口の中に入れやすいスティック状をした光学カメラで口腔内を撮影していきます。撮影されたデータはデジタルデータとしてモニターに再現され、デジタルでの「歯型取得」が完了します。

歯科用CTのメリット

  • 歯型取得時のストレスが極めて少ない
  • 放射線を使用せず「被ばくがない」
  • 実際のお口の中をデジタルで「精密にデータ化」
  • 歯科用CTとの連携で「精確な診断」へ
  • 人為的な誤差をできるだけ排除

精密検査で3Dスキャンを行います

 3Dスキャナのメリットは「データの正確性」と「快適性」。患者さまにもっとも喜んで頂けるのが「快適性」です。歯医者さんで歯型を作る時にピンクやブルーのドロッとしたシリコンに嫌な経験がありませんか? お口の感触だけでなく、嘔吐反射による不快感を訴える方も多いのですが、 3Dスキャナーはリラックスして寝たまま精確な歯型を3Dデータとして取得するため、とても快適です。