menu
close

ブログ

投稿日:2024.7.5

ブライダルまでに間に合わせたい!矯正期間はどれくらい??

こんにちは、渋谷矯正歯科です!(‘◇’)ゞ
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
今日はブライダルと矯正治療についてお話させていただきます。

ブライダルに向けて矯正したいけど出来るの?

 

ブライダル 結婚 矯正 渋谷矯正歯科

 

ブライダルは人生最大イベントのひとつですよね♪
結婚式前はエステや美容院、ネイルなど自分磨きにお金をかけたい時期だと思います。
「ブライダル写真を撮る為に歯並びをキレイにしたい!」と
ブライダルに向けて矯正のカウンセリングを受けに来る方も当院に多くいらっしゃいます。

当院ではブライダルに向けて矯正を開始することが可能です。
ですが矯正治療というものは長期的な時間が必要になる為、歯並びをきれいにしたいと思ったらすぐ行動に起こすことが肝心です。
虫歯や歯周病が発見された場合には、先にそちらの治療が必要になるケースもあるので早めに歯科医院に相談しましょう。

また、結婚式や前撮りの時期によって矯正の治療計画や矯正器具の種類が変わることがあるので
カウンセリング時には必ずカウンセラーにその旨を伝えるようにしましょう。

ブライダルに向けて矯正にを行うときに注意すること

 

ブライダル 矯正 渋谷矯正 結婚

 

歯科矯正の治療期間

 

歯科矯正の治療期間は、選択する装置や歯並びの状況により異なりますが
一般的には2年~3年前後と言われており、長期的な来院が必要になります。

来院できない日があった場合、その分の治療計画が後ろ倒しになり
せっかくのブライダルに間に合わない!という可能性も出てきてしまいます。
結婚式を控えてる方は、限られた期間の中で歯列矯正を行っていかなければなりません。
結婚式までに綺麗な歯並びにしたい!と考えているのであれば
出来るだけ早めにカウンセリングを受け、自分の歯並びにはどのような矯正治療がいるか合っているのか歯科医師と話合い、余裕をもって治療の計画を立てていくのがいいでしょう。

治療の流れ

①無料カウンセリング/約1時間
②精密検査(SCAN/顔貌・口腔内写真/レントゲン)/約30分
③診断・ご契約/45分~1時間
④初診型取り/約30分
⑤矯正用ミニスクリュー(TADs)埋入/約45分
~ご入金から2カ月後~
※この2か月の間に被せ物の治療(必要であれば仮歯に変える)・虫歯検診・クリーニング・抜歯を一般歯科で行ってもらいます。
⑥上顎矯正装置装着/90分
~1か月後~
⑦下顎矯正装置装着/90分
~約月1度の矯正治療開始~
⑧矯正用マウスピースで最終微調整
⑨矯正終了。保定期間スタート

こちらの⑨項目が当院での矯正治療の流れになります。
抜歯やミニスクリューは全員が該当するわけではありません。
治療計画上、この処置が必要な場合のみに行っていきます。

治療の流れについてはこちらの記事で詳しくご説明しています。併せてご覧ください☆

※の部分は口腔内の環境により期間が延長する患者様がいらっしゃいます。
虫歯治療は大きさにもよりますが、即日に終わることもありますし
虫歯の範囲が広いと即日で終わらず何度か通う場合もあります。
矯正を行う前の準備期間に時間がとられないよう、定期的に歯科医院で検診を受けることが大切です。
しばらく歯医者さんに行っていないという方も、矯正治療が気になりだしたらこれを機に検診に行ってみるといいでしょう。

矯治療の費用

矯正治療の費用は、選択する装置や方法により異なります。
ブライダルでも費用がかかると思いますので、同時期に支払える金額かどうかを確認しましょう。

当院の検査費用は35,000円(税込38,500円)を頂いております。
検査結果をドクターが診断し、ドクターと診断のお話をしたのちにどのような矯正装置で治療に進むかを患者様に決めていただきます。

当院の矯正治療の種類とそれぞれの費用は

・表側(ラビアル)矯正:1,050,000円 (税込1,155,000円)
・裏側(リンガル)矯正:1,250,000円 (税込1,375,000円)
・ハーフリンガル(上顎が裏側で下顎が表側)矯正:1,150,000円 (税込1,265,000円)
・マウスピース矯正(デザイン矯正):1,000,000円 (税込1,100,000円)

となっており、矯正治療が終わった後は歯並びを安定させるため保定装置を装着します。
(保定装置代は矯正料金内に含まれております。)

固定式と取り外し式の装置の違い

 

ブライダル 矯正 渋谷矯正歯科 結婚

 

固定装置

固定式装置とはご自身で付け外しするのではなく、歯科医院にて装置を直接歯牙に付けて行う矯正治療のことで
当院では
①表側矯正装置
②裏側矯正装置
③ハーフリンガル矯正装置
の3種類があります。

①表側矯正

表側矯正の装置は、上下の歯の表側に矯正装置が付きます。
ブライダルを控えてる方は目立ちやすい表側矯正の治療は現実的ではないかと思いますが、ブライダルまでの期間と歯並びの状態によっては表側矯正を選択した方が口腔内との相性が良く、歯のコントロールがしやすくなります。
その結果裏側矯正よりも早く矯正治療が終了し、矯正装置を外した状態で結婚式迎えることが出来る場合もあります。

 

②裏側矯正

裏側矯正の装置は、上下の歯の裏側に矯正装置が付きます。
表側矯正より費用は高くなってしまいますが、
裏側に装置が付くことで正面から矯正装置が見えることがなく、日常生活においても矯正治療中ということが他人からは分からないくらい目立ちにくい装置です。
ブライダルまでの期間が短く矯正治療途中で結婚式を迎えてしまう!という方でも安心して始めやすい矯正治療です。
実際、当院で裏側矯正治療中の患者様も装置をつけたまま結婚式当日を迎えている方が多くいらっしゃいます。それくらい裏側矯正は目立ちにくい矯正治療ということなんですね!
裏側矯正は治療期間が長くなるという歯科医院もありますが、当院では裏側矯正でも一般的な治療期間で終えることが可能です。

③ハーフリンガル矯正装置

ハーフリンガル矯正の装置は、上顎は歯の裏側に装置が付き、下顎は歯の表側に装置が付きます。
上下顎裏側だと費用がかさむため、費用を抑えたい…
でも少しでも目立たない装置がいい…!という方はこちらの装置がいいかもしれません。
下の歯の表側に装置が付くのは目立つのでは…?と思う方もいらっしゃると思いますが
意外と下の歯は日常で見えることはありません。
なので下の歯に装置が付いたからと言ってそんなに目立つことはないと思います。
ですが、思いっきり笑ったり、普段から下の歯が見えるように話す癖がある方は装置が見えてしまうことがあります。
費用面を考えてハーフリンガルにしたものの、ブライダルとなると意外と気になる…
となってしまわないように、よく検討して装置を選ぶのがいいでしょう。

取り外し式装置

①マウスピース矯正

マウスピース矯正とは通常の歯列矯正装置とは異なり、特殊な透明のプラスチック製のマウスピースで出来ており、
1枚のマウスピースをずっと使うのではなく、少しずつ形の違うマウスピースを順番に使うことで歯を並ばせていきます。
基本的には食事と歯磨きの時以外の20時間~22時間の使用時間がルールとなり、
歯科医師が指定した日数で新しいマウスピースに交換していきます。
マウスピース矯正は付け外しができるため歯磨きのしやすさや目立ちにくさはメリットになりますが、
食事の際に毎回外す手間や、しっかりと使用しないと歯は動いてこないことがデメリットになります。

マウスピース矯正は重度の歯並びの問題や、かみ合わせの異常には効果が限られる場合があり、そのような場合には従来のブラケット矯正が適している場合もあります。
歯科医師と相談して決めると良いでしょう。

渋谷矯正歯科って、どんな歯医者さん?

渋谷矯正歯科 歯科衛生士

渋谷矯正歯科では、裏側矯正を専門に、ハーフリンガル・表側矯正も取り扱っております!
「私にはどんな治療方法があっているんだろう?」とお悩みの方は、
ぜひ一度、無料カウンセリングにお越しください!
優しいカウンセラーさんが寄り添って親身に相談にのってくださいます(*‘ω‘ *)

無料カウンセリングのご予約はこちらから>>

また、渋谷駅徒歩三分・ヒカリエ徒歩一分と好アクセスの為、通いやすい立地となっております。
矯正の帰りにヒカリエによってお買い物するのも素敵かもしれませんね(´-`).。oO

歯医者が多くどこに行っていいかわからない…と迷っている方は、
渋谷矯正歯科のSNSをチェックしてみて下さい✓

当院のSNS

★Twitter★

☆Instagram☆

★TikTok★

X(Twitter)では、カウンセリングの空き情報や、キャンセル情報
Instagramでは症例や歯や矯正に関するコラムを投稿しています!
Tiktokでは、渋谷矯正歯科のスタッフの日常を投稿しています!

毎日更新していますので是非覗いてみてください!

ここまでブログを読んでいただき、ありがとうございました(^_-)-☆ひy

« »