menu
close

ブログ

投稿日:2023.9.1

カウンセリングや精密検査って何するの?

こんにちは、渋谷駅宮益坂にございます、渋谷矯正歯科です✨
矯正歯科の無料カウンセリングとは
 初対面と情報収集矯正歯科を検討している患者様が歯科医院に 初めて訪れた際、カウンセラーと対面でカウンセリングを 行います。
この時点で、患者の歯と顎の状態に関するお悩み、
 既往病歴、症状、歯科矯正に関するお悩みを聞き取ります。
可能な治療オプションやそれぞれの治療の長所と短所、だいたい予想される期間、費用ケアの方法などを詳細に説明します。これには従来の矯正ブラケット、透明なブラケット、マウスピース矯正など、さまざまな治療方法が含まれます。 場合によっては混合で治療をしていく方針もございます。歯科矯正のカウンセリングは、患者様が治療プロセスをしっかりと理解し、治療に対する信頼を築くために不可欠なステップです。
患者様が自分の歯の健康と美容について自信を持ち、治療に前向きな姿勢を持ことはとても大切です。矯正治療を行うのは歯科医院ですが、患者様の協力がないと成り立たない治療なのです。

矯正歯科の検査ってなぁに

矯正歯科の検査は、歯の並びや顎の異常を評価し、健康に噛める歯をこんにちは、渋谷駅宮益坂にございます、渋谷矯正歯科です🦷✨

矯正歯科の無料カウンセリングとは
カウンセリング 矯正 歯科

初対面と情報収集
矯正歯科を検討している患者様が歯科医院に初めて訪れた際、カウンセラーと対面でカウンセリングを行います。この時点で、患者の歯と顎の状態に関するお悩み、既往病歴、症状、歯科矯正に関するお悩みを聞き取ります。
可能な治療オプションやそれぞれの治療の長所と短所、だいたい予想される期間、費用、ケアの方法などを詳細に説明します。これには従来の矯正ブラケット、透明なブラケット、マウスピース矯正など、さまざまな治療方法が含まれます。場合によっては混合で治療をしていく方針もございます。

歯科矯正のカウンセリングは、患者様が治療プロセスをしっか目的とした適切な歯並びへ導くための治療計画を立てるために行われます。

  1. 模型印象の取得
    患者様の歯と顎の印象を取ります。これは、歯の現在の状態を正確に把握するために重要なものです。粘土状の印象材を直接お口の中へ入れて固めるものもあれば、3Dデータスキャンでデジタルのタイプのものもございます。渋谷矯正歯科は両方で場合に応じて使用いたします。
  2. レントゲンや写真撮影
    X線や写真を撮影して、内部の歯と顎の構造を評価します。これにより、見た目の表面だけではなく、歯の位置や骨構造の異常が明らかになります。レントゲンを撮影することで、歯の根元まで情報がわかります。これにより歯の動かし方を骨の根元から確認することが出来ます。
  3. 診断
    検査の結果をもとに、歯科医師は症状や不正咬合の種類を診断します。これに基づいて治療計画が立てられます。
  4. 治療計画の提案
    患者様に対して、適切な矯正治療のオプションや予想される治療期間、費用などを説明させていただき治療計画を立てます。

歯科矯正検査は、歯の不正咬合を診断し、その症状を改善する治療方法を決定するための重要なステップです。治療は矯正ブラケット、マウスピース矯正、歯列矯正装置など、さまざまな方法で行われます。治療の成功には正確な検査と適切な治療計画が不可欠です。

それでは、当院の無料カウンセリング後の精密検査の流れをご説明いたします😊

無料カウンセリング後、矯正歯科を始めようかな?と思っている方は、精密検査😏の予約へ進みます
(予約状況にもよりますがカウンセリング後そのまま検査へ進むことも可能です)これは、矯正治療をはじめるにあたって、ひとりひとりのお口の中の状態をしっかりと把握し、正確な治療計画を立てるために行われます。そのため、歯科矯正の治療はカウンセリングのみで治療方針を決めるということはございません。
検査をしっかり行って、一人ひとりに合った適切で無理のない治療方法を決めていきます。
また、矯正中も必要があればCTやレントゲン撮影を行って進捗を確認し、必要に応じて治療計画を修正するとこともあります。
精密検査+診断代(¥38,500)クレジットカード可

精密検査の内容

CT撮影

従来のレントゲン撮影では二次元の平面での撮影しか行なえず、歯と顎骨の位置関係の明確な把握や他の歯や顎の病状の発見には不十分でした。
しかし最近ではCTスキャンの発展により三次元画像で正確な撮影を行なえるようになりました。
CTスキャンは体の内部を輪切り状にして見ることが可能です。2Dの平面のレントゲンでは把握できなかった歯の状態や歯の根の詳細な長さ、角度、位置が把握できます。
CTスキャンを用いることで、歯根があごの骨の中のどこにあるのか、どの方向へどの程度動かすことができるのかを把握できます。

レントゲンは二次元ですがCTは三次元で歯の位置を正確に把握して治療精度が向上します。

口腔内、顔写真撮影


口腔内写真とは、歯や歯ぐき、現状の歯並び、いつもの噛み合わせの状態が写るように、さまざまな角度からお口の中やお顔を撮影することです。
治療する前と治療中の歯を定期的に撮影し、どのような変化が起きたのかを写真から確認することができます。

  1. 歯列写真:
    患者様の上下の歯列の正確な配置と歯並びを記録するために歯列写真を撮影します。これにより、歯の移動や矯正治療の効果を評価できます。
  2. 咬合写真
    咬合写真は、上下の歯の噛み合わせや咬合関係を視覚的に評価するために使用されます。これにより、歯の噛み合わせの問題や改善の必要性が特定されます。
  3. 前歯写真
    一般的に正面からの前歯の配置や見た目に焦点を当てることがよくあります。前歯写真は、歯並び、歯の間隔、歯の角度、歯茎の状態などを評価するのに役立ちます。
  4. 側面写真
    側面写真は、歯の位置や噛み合わせを横から評価するために撮影されます。これにより、歯の立体的な配置や歯列の曲線などが確認できます。

口腔内写真を撮影する目的は、患者さんに自分自身のお口の中の写真を見てもらい、治療への方針などわかりやすく理解を深めてもらうことです。
ここで初めて自分の口の中の写真を見たという方もいらっしゃいます。
自分のお口の中をまじまじと見ることってほとんどないと思います。
今自分の歯は何本あるのか?むし歯はあるのか?歯ぐきは健康な状態なのか?
歯は順調に動いているのか?
など…実際にお口の中の写真の画像をみてもらうことによってお口の中に対して関心も高まるかと思います✊
治療の途中でも何度か口腔内写真を撮る機会がございます。口腔内写真を用いて患者さんにより分かりやすい説明をしたり、治療計画を立てたり、治療の前の術前、または治療途中経過の写真、最後には治療後の違いを見ていただく時にも使用します。口で説明されるのみよりは、実際に写真で比較しながら見てもらう事で理解しやすいかと思います。

iTeroスキャナー
歯科医師や歯科技術者が患者の口腔内をスキャンし、デジタルモデルを生成するために使用される3Dスキャンのデータです。
渋谷矯正歯科には2台ございます。
カウンセリング後の検査でこのiTeroスキャナーを使用いたします。

🦷当院に通院されている患者様へ🦷

治療をされていて、先生には聞きづらいこと、確認しておきたいこと、不安なことがあれば、近くにいるスタッフへお気軽にお声がけくださいね。
現在矯正治療中のスタッフもたくさんいますよ。
歯並びがキレイになるまで一緒に頑張りましょう。

💎矯正治療を検討されている方へ💎

当院は予約制で担当カウンセラーによる矯正カウンセリングを行っております。インターネットからのご予約と電話でのご予約を承っております。
矯正治療に興味があるけど、どんな風に治療するのだろう?マスウピース矯正、歯の表側の矯正、見えにくい歯の内側の矯正、自分にはどれがあっているんだろう?歯のホワイトニングってどうなんだろう?
費用やだいたいの期間はどのくらいかかるんだろう?この機会に是非色々と相談してみて下さい♪
その場で契約しなきゃいけない、なんてことは全くありませんので、気軽な気持ちでカウンセリングにいらして下さいね。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

💻当院のSNS💻

Twitter★@shibuyakyousei8
Instagram★@shibuyakyouseishika
TikTok★@shibuyakyouseishika
スタッフ頑張って更新しております。
是非是非フォローよろしくお願いします👋

« »