矯正治療の不安に答えます。「よくあるご質問」Q&A

渋谷矯正歯科 > よくあるご質問 > 治療の期間について >舌側矯正は表側矯正と比べて治療期間が長い?

舌側矯正は表側矯正と比べて治療期間が長い?

舌側矯正は表側矯正と比べて治療期間が長い?

治療期間は原則的に変わりません。
 舌側矯正装置は歯の裏側に装着するため、ひとつひとつの装置がオーダメイドです。また、歯の裏側はドクターにとって作業がしづらく設置自体も難しいため、時間がかかるイメージがありました。

確かに従来は「矯正治療がスタートするまでの期間」が多少長くはありましたが、技工過程へのデジタル技術の導入や、矯正装置の設置方法の工夫(インダイレクトボンディング)により、現在では期間の差はなくなりました。

むしろ舌側矯正は奥歯を支点として歯を引き込んでいくことが得意ですので、前歯部分は比較的早い段階で揃っていく特徴があります。
 また、難易度の高い症状であっても外科矯正歯科矯正用アンカースクリューによる治療を組み合わせることによって、一般的な症状と同程度の期間で矯正を行うことも可能です。

内容別一覧へ

・矯正治療は患者さまの症状により期間が異なりますのでご注意ください。