矯正治療の不安に答えます。「よくあるご質問」Q&A

渋谷矯正歯科 裏側矯正 TOP よくあるご質問 > 「しゃくれ」は矯正で治りますか?

「しゃくれ」は矯正で治りますか?

私は噛み合わせが悪く下の歯が前にでていて、上の歯が被さるかんじです。歯並びは悪くないです。一般的にいうシャクレというものです。矯正で治りますか?整形には抵抗あります。よろしくお願いします。(S.Y 様)
初めまして、渋谷矯正歯科の東海林 貴大(しょうじ たかひろ)と申します。 下の歯が出ていて上の歯がかぶさってシャクレてしまっているとのことですね。しゃくれ(受け口)は見た目の問題を気にする方が多いのですが、咀嚼や発音・滑舌にも問題が出やすく、そちらで苦労されているのではないでしょうか?

「しゃくれ」とは?

矯正歯科では「しゃくれ」のことを「下顎前突」や「反対咬合」と呼びます。歯並びの特徴としては、上顎よりも下顎が前にでていることが挙げられます。通常の歯並びでは、上顎の歯が下顎の歯よりも前にでて重なりますが、「下顎前突」ではそれが逆となり、噛み合わせに支障をきたします。 一口に「下顎前突」と言っても、その原因が骨格にあるものと、歯並びにあるものとで大きく2つに分けられます。骨格が原因となり、症状が重度の場合、外科手術を行う選択肢もあります。 外科矯正を行うと、見た目を大きく短期間で変化させることが可能ですが、体への負担やリスクが伴います。S.Yさんは「整形に抵抗がある」、つまり外科手術には抵抗があるとのことですが、「しゃくれ」も矯正治療で十分治すことができますので、ご安心ください。もちろん、見えない裏側矯正で治療することができます。

しゃくれ(下顎前突・反対咬合)の矯正治療

矯正治療でしゃくれを治すアプローチとしては、
  • ①上の歯を前に出す
  • ②下の歯を中に入れる
  • ③上下の歯を動かして噛み合わせのバランスを取る
というのが考えられます。 一般的に下顎前突は下顎が大きいことで引き起こされますが、受け口になっている原因がどこにあるかによって治療方法を決定することになります。抜歯についても症状によって必要か不必要かを見極めますので、より正確な治療方法をお知りなりたい場合は、ご来院をお勧めします。 矯正治療の治療期間は2年程度をお考えください。 渋谷矯正歯科がお悩みや不調のお役に立てることを願っています。
一覧へ戻る