矯正治療の不安に答えます。「よくあるご質問」Q&A

渋谷矯正歯科トップ よくあるご質問 > 裏側矯正の抜歯

見えない裏側矯正で抜歯をすることはありますか。

見えない裏側矯正で抜歯をすることはありますか。
 当院ではできることであれば抜歯は行わないで治療を行っていくように努めています。 ただし、症状によっては抜歯が必要・抜歯を行った方が良い結果が得られるものもあり、どのようなケースでも抜歯しないで行うことができるわけではありません。

抜歯が必要な症状の例

1重度の凸凹
2顕著な口元の突出
3上下の顎間関係のズレ
 上記のようなケースでは抜歯治療を提案させていただく場合がございます。
 矯正治療での抜歯は小臼歯を抜く場合が多いのですが、親知らずがしっかり萌出して(生えて)いる場合には、その親知らずを抜歯し歯列を全体的に下げていくことで矯正治療を行う方法もあります。
 いずれにしましてもできる限り健康な歯は抜歯せず残していく方向で治療方針を検討し、やむをえない場合においては患者さまの同意の上で抜歯治療を行っていきます。
一覧へ戻る