矯正治療の不安に答えます。「よくあるご質問」Q&A

渋谷矯正歯科トップ よくあるご質問 > 矯正完了後の保定装置の治療費はいくら程度かかりますか。

矯正完了後の保定装置の治療費はいくら程度かかりますか。

矯正完了後の保定装置の治療費は?

トータルフィー制度では、矯正装置(ワイヤー・マウスピース)を外すまでが治療費に含まれます。

「トータルフィー制度」は治療前に治療に必要な費用をご提示する制度です。まず、「トータルフィー」の範囲ですが、矯正装置を外すまでの治療に必要な装置・処置費用が含まれます。(※精密検査費は含まれません。)通院の頻度や治療期間に関わらず、治療費は最初にご提示した金額となりますので、追加費用等のご心配は不要です。

「保定装置(リテーナー)」は治療費に含まれます。

歯を動かしていく「治療期間」後、矯正を完了した歯並びを安定させるため、「保定期間」に入ります。「保定期間」中には、歯並びが後戻りしないようにマウスピース等の保定装置(リテーナー)を装着していただき、歯周組織を安定させていきます。  御質問いただいた保定装置の料金の件ですが、保定装置(リテーナー)は矯正治療で必ず必要なものですので、治療費(トータルフィー内)に含まれています。

「保定期間の通院費」は治療費には含まれません。

一方、保定期間中の通院費用はトータルフィーの範囲外となります。(保定期間は治療期間外のため。) 保定期間に入ってからは毎回の処置料は5000円(税抜き)となります。矯正後の歯の状態によって異なりますが、保定期間中の来院ペースは3ヶ月から半年に1回となります。  また、保定期間は2年程度が一般的ですが、美しい歯並びを維持するためにも、その後も定期的なメンテナンス・健診をお勧めします。
一覧へ戻る