渋谷矯正歯科 クリニック紹介 > 矯正専門クリニックのメリット

矯正専門クリニックのメリット

矯正治療は治療費が高く、治療期間も長いため、歯並びを治したいと考えていても、尻込みしてしまう方も多いと思います。ただ、近年では従来の矯正治療だけでなく、歯並びにアプローチするさまざまな手段が登場し、「歯並びを治す」ということがより身近になってきました。
その点は喜ばしいことですが、「治療効果の持続性」や「歯の美しさ」、「歯の健康」を考えるならば、やはり矯正治療専門クリニックの精密検査・治療計画に基づく矯正治療をお勧めします。

矯正専門クリニック渋谷矯正歯科
「裏側矯正」のメリット

渋谷矯正歯科では、矯正装置が目立たない「裏側矯正」を採用しています。ワイヤーとブラケットを使用し、歯をしっかり動かす矯正治療でありながら、矯正中も見た目を気にしなくて済む、患者さま想いの矯正治療です。

1、矯正装置が裏側につくので
目立たない

矯正治療を敬遠する理由の中でも、装置が目立つのが嫌だ、という意見が多いそうです。 裏側矯正治療はワイヤーとブラケットを使用しますが、この装置が歯の裏側につくため、他人には矯正治療をしていることが気付かれにくい治療方法です。

2、「部分矯正」なら
低価格で期間も短く

気になる部分を手軽に治せる「部分矯正」をご存知でしょうか?前歯のでこぼこ、軽度の出っ歯などは部分的に矯正装置をつけて歯並びを整えることが可能です。

部分矯正(片顎6歯) 432,000円(税込466,560円)
デンタルローンで月々4,900円から。

部分矯正について

3、マウスピース矯正とのコンビネーションで矯正期間を短くすることも

ワイヤー矯正は歯を大きく動かすことができますが、できるだけワイヤーを付けている期間を短くしたいという患者さまには、ある程度歯が揃ってきた段階で、マウスピース矯正へ切り替えるコンビネーション矯正治療も行っています。裏側矯正とマウスピース矯正の良いところを組み合わせ、患者さまの希望に沿います。

4、裏側矯正治療中の
ホワイトニングも可能

装置が裏側につくため、矯正治療期間中のホワイトニングも可能です。矯正治療中も白く美しい歯を保ち、揃ってきた歯並びで自信を持って笑顔になってください。

5、精密な検査・咬合まで考慮した
治療計画

渋谷矯正歯科では、治療を行う前に必ず精密検査を行います。3DCTを使い顎の骨格や歯の根元の状態までを立体的に把握。また、歯並びだけでなく、咬み合わせを整えることも重視します。無駄の無い治療計画は、治療の期間を短くするばかりか、身体への負担も少なくなります。

「治療期間が短ければ短いほどいい」というものではありません。

治療によって歯が動くように、人間の歯並びはいつでも変化する可能性があります。矯正治療の効果を保つためにも、治療後の保定期間やその後の定期的な検査は大切です。「歯を動かしたら終わり」では、せっかくお金をかけて治した歯並びも無駄になるかもしれません。

後戻り、保定期間について

矯正治療では矯正装置を外したあとも、動かした歯を安定させる「保定」という工程が必要となります。当院ではマウスピースタイプの保定装置を患者さまに装着してもらうことで「保定」を行っています。この保定期間をしっかりとることで、矯正した歯並びをきれいに保つことができます。逆にこの保定期間をおろそかにすると、「後戻り」が生じ、せっかくの治療が無駄になってしまいます。人間の身体には「元に戻ろうとする力」が必ず働くので、矯正治療には保定期間が必須です。

歯根吸収などのリスクについて

矯正治療は人間の体の仕組みを利用して歯を動かしています。歯を動かすときには、小さな力を少しずつ、長い時間かけていくことが重要です。 一度に強い力をかけすぎたり、歯に対し様々な方向から無理な力が加わることで、歯の根っこである「歯根」が溶けて土台部分に吸収されてしまう「歯根吸収」を引き起こす可能性があります。矯正治療に時間がかかるのは、ある程度理由があるということをご理解ください。また、歯にかかる力をコントロールするためにも、治療計画が重要になります。

…とはいえ、やはり
「期間が長い」
というのはデメリットです。

渋谷矯正歯科では
デジタル機器の導入や
短期間矯正で患者さまの希望に寄り添います
デジタル裏側矯正

3DCTでの検査、3Dスキャンシステムでの型取りなど、デジタル技術を積極導入。

デジタル裏側矯正について
短期間の矯正治療

人間の身体メカニズムに働きかけることで、無理なく矯正スピードをはやめます。

短期間の矯正治療について
部分矯正

軽度〜中度の歯並びの乱れの中には部分矯正で治療ができるものもあります。

部分矯正について

矯正治療は矯正治療の
専門クリニックへ

ソフトウェアサポートの手厚いマウスピース矯正治療や、パッケージ化された矯正治療が登場したことで、一般歯科クリニックも矯正治療を導入しやすくなりました。 現在の日本の法律では、歯科医師の資格を有していれば矯正治療の専門的な教育を受けていなくても、「矯正」の看板を掲げることはできてしまいますが、矯正治療とは患者さまの数だけ治療方法があるような複雑で専門的な治療です。 渋谷矯正歯科では数々の症例に携わってきた医師が治療計画の立案や治療を担当します。

日本矯正歯科学会 専門医
総院長 東海林 貴大
(しょうじ たかひろ)

安易な方法に流されてませんか?

矯正治療は日本でも一般的になり、治療を受けるまでの心理的なハードルも低くなってきています。 けれども、人間の体のメカニズムを利用した「歯を動かす」治療はやはり時間や費用がかかります。その点であきらめている方も多いと思うのですが、長い目で見ると矯正治療にはそれだけの時間と費用をかける価値があります。
「見た目だけ」「とにかく安く」と考え、大切な部分をおろそかにしていませんか?
近年、身体の中で「歯」や「咬み合わせ」がとても重要なことが分かってきています。大切な歯だからこそ、ぜひ納得のいく治療を選んでください。

神奈川県川崎市出身。 北海道医療大学歯学部を卒業後、同大学歯学部歯科矯正科に入局。 その後、札幌医科大学口腔外科を経て、2007年3月 青山通り矯正歯科を開業。2013年10月渋谷に移転し、渋谷矯正歯科へと改名。渋谷矯正歯科グループの総院長として裏側矯正の向上と普及に日々尽力している。日本矯正歯科学会専門医、日本成人矯正歯科学会認定医、世界舌側矯正歯科学会WSLO認定医、ヨーロッパ舌側矯正歯科学会ESLO認定医、米国 アライン・テクノロジー社認定医インビザラインドクター。国内外の学会で学会発表、症例発表をこなす。

渋谷矯正歯科への
よくある質問

セラミック矯正は行っていますか?
まず、当院では行っていません。
「セラミック矯正」というと、歯を動かす一般的な矯正治療ではなく、歯を大きく削ってセラミックの歯を被せることによって歯並びを整える方法です。かなり短期間できれいな見た目をつくることができますが、セラミックには寿命があること、歯の根元の位置や傾きは変わらないので、口元の突出感を大きく変えられないことなどがデメリットとなります。 また、当院では「非抜歯矯正」も行っており、健康な歯はできる限り残すという方針のもと治療を行っております。 詳しく見る
治療中の痛みはどうですか?
歯列矯正の代表的な痛みには、「歯が動く痛み」、「ものを噛む痛み」、そして「装置があたる痛み」があります。「歯が動く痛み」や「ものを噛む痛み」は矯正治療のメカニズム上、どのような方法にせよ避けては通れないものです。渋谷矯正歯科では患者さまひとりひとりに向き合い、その痛みを緩和するケアを行っています。 詳しく見る

裏側矯正治療 治療費

ケース 治療費
全体矯正

1,250,000円(税込1,350,000円)

全体矯正
デンタルローン使用(※)

14,200円(税込)/月

部分矯正

432,000円(税込466,560円)

部分矯正
デンタルローン使用(※)

4,900円(税込)/月

※デンタルローンは実質年率4.9%、120回分割の場合の例です。
※治療前の検査料(37,800円)は別途必要です。
※上記、料金には治療開始から終了まですべての料金が含まれています。
※自由診療のため、保険の適用はございません。
※お支払いは現金、クレジットカード、最大120回までのデンタルローンがお選び頂けます。
※終了後のメンテナンス料は別途頂いております。
※詳しくはお支払いページをご覧ください。
※2018年4月1日現在

無料カウンセリング予約 他の矯正治療の費用を見る