クリニック紹介

渋谷矯正歯科 > クリニック紹介

医師・クリニック設備の紹介

渋谷矯正歯科 総院長
東海林 貴大(しょうじ たかひろ)

矯正治療のストレスをできるだけ軽く
裏側矯正にこだわる理由

 はじめまして、渋谷矯正歯科グループ総院長の東海林貴大です。 渋谷矯正歯科はその前身となるクリニック時代から裏側矯正治療に取り組んできました。
 矯正治療は一般的になりつつありますが、矯正治療専門クリニックや矯正治療を「専門」に取り組むドクターはまだ多いとは言えません。まして、裏側矯正であればなおさらです。
 広い症状に対応し、患者さまへの負担が少ない裏側矯正治療がより多くの方の選択肢となるよう、各クリニックでは裏側矯正を中心とした矯正治療に取り組んでいます。

プロフィール 神奈川県川崎市出身。 北海道医療大学歯学部を卒業後、同大学歯学部歯科矯正科に入局。その後、札幌医科大学口腔外科を経て、2007年3月 青山通り矯正歯科を開業。2013年10月 渋谷に移転し、渋谷矯正歯科へと改名。
資格等 歯科医師。日本矯正歯科学会専門医、日本成人矯正歯科学会認定医、世界舌側矯正歯科学会WSLO認定医、ヨーロッパ舌側矯正歯科学会ESLO認定医、米国 アライン・テクノロジー社認定 インビザラインダイアモンドドクター。国内外の学会で学会発表、症例発表をこなす。すべて院内技工で管理し、完全にカスタマイズされた独自の裏側矯正を行う。

略歴

2007年3月 表参道 青山通り矯正歯科医院 開業
2009年8月 表参道 青山骨董通りに移転し、青山骨董通り矯正歯科に改名
2010年3月 医療法人社団青山骨董通り矯正歯科へ
2013年10月 渋谷に移転し、渋谷矯正歯科に改名
2015年2月 渋谷にマウスピース専門の分院を開業
2016年3月 横浜に横浜駅前歯科・矯正歯科を開業
2016年6月 池袋に池袋駅前矯正歯科を開業
2016年8月 新宿に新宿矯正歯科を開業
2017年3月 博多KITTEに博多矯正歯科 KITTE博多院を開業
2018年1月 新宿駅前デンタルクリニックを開業
2018年3月 東京駅八重洲北口に東京八重洲矯正歯科を開業

日本矯正歯科学会 専門医とは

 渋谷矯正歯科グループ総院長である私、東海林は2014年秋に日本矯正学会の「専門医」という資格を取得することができました。
 日本矯正歯科学会は1926年に設立された、歴史ある日本を代表する学会です。全国に約10万人の歯科医師、そのうち2万7千人の矯正標榜医がいるなか、日本矯正歯科学会内の資格である日本矯正歯科学会「専門医」は306名(2017年1月現在)と僅か1%台の医師しかおりません。
 矯正歯科にも沢山の認定資格はありますが、日本矯正歯科学会「専門医」は、最も短くて12年の臨床と矯正治療の研究を実践することが求められます。このように資格取得に必要な基準が厳しく設定されているのも日本矯正歯科学会「専門医」のひとつの特徴です。

臨床経験と研究はすべて患者さまのために

 こちらは日本矯正歯科学会「専門医」認定試験会場での症例資料提出の様子です。この10症例資料の評価はブラインドテストで行われ、受験者と審査委員の個人的な関係で結果を判断できない仕組みで精査されます。
 もちろん、課題症例に提出させて頂くためには、患者さま、保護者の方にお話しして同意書をお預かりしなくてはなりません。

先進的デジタル設備

より快適に、より安心できる矯正治療のために

 この様に日本矯正歯科学会「専門医」として資格を頂くということは、患者さまの協力と信頼関係無しには実現できないものです。 私のことを信頼し快く協力していただいた患者さま、そして私を支えてくれた先輩やスタッフには、感謝してもしきれない思いです。この感謝の気持ちを患者さんへの治療へ還元できるよう、そしてより多くの方のためになれるよう、日本の矯正治療の向上に全力で臨んでいます。

渋谷矯正歯科は開院から「精密な診断と質にこだわる治療」を掲げ、
「裏側矯正」専門クリニックとして、患者さんのお考えとお気持ちをじっくり伺うカウンセリングをもっとも大切にしています。最新設備による精密な検査に加え、矯正専門医による診断と治療計画にもとづいた矯正治療をご提供します。
渋谷矯正歯科では、デジタル化された矯正治療を開院初期からスタートしました。ドクターの診断だけでなく、最新の歯科用 CT で得られる三次元データをもとに、高精度な三次元モデル(画面上の模型)を使った治療計画が特徴です。また、デジタルの三次元データを活かした矯正装置の作成(3Dデジタル裏側矯正)など、新しい矯正治療環境を用意しています。

渋谷矯正歯科

歯科用 CT による精密な検査と三次元モデルによる診断検査から分析・診断・治療につながる模型製作(三次元モデルを含む)までの基礎データとなるのが歯科用 CT です。渋谷矯正歯科では患者さんの安全を最大限に考え、従来の 1/10 以下と被ばく量が少ない最新鋭の歯科用 CT を使用しています。歯科用 CT により立体的で正確な三次元データがとれるため、より安全で正確な診断がおこなえます。裏側矯正やサージェリーファースト(外科矯正)を質の高い治療として提供するために豊富な検査データは必要不可欠です。コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成を行うことで、断層画像を得る事ができる装置です。一般のレントゲンでは撮影できなかった見えなかった部分が容易に確認できる様になりました。また、歯科用CTでは、あごの内部構造や埋伏歯と細かい歯の構造まで撮影することができ、立体的な位置関係を確認することができます。

デジタルレントゲン

デジタルレントゲンは「側面・正面からみた骨格が原因の問題点」と「歯と歯の根、顎関節の状態」を調べます。骨と軟組織が明るくクリアに撮影できるので正確な骨格の分析ができます。これにより歯の修復物や根の状態などを極めて正確に診察することが可能で、この撮影データを高品質な模型製作に活用しています。

クリニック内観

居心地のよいリラックスできる空間を

 矯正治療では、患者様とのお付き合いも比較的長くかかります、その貴重なお時間を患者様に居心地の良い空間、リラックスして過ごしていただけることを第一に考え、渋谷矯正歯科では、院内のレイアウトにこだわりました。

受付

ご来院いただいたら、まずこちらにて受付をお願い致します。ご不明な点などございましたら、お気軽にスタッフまでお申し付けください。

待合いスペース

渋谷矯正歯科の待合いスペースとなります。エスプレッソマシーンやiPadなどございますので、おくつろぎになってお待ちください。


診療室・治療チェア

渋谷矯正歯科には、診療室が2つあり、こちらのオープンなスペースにはチェアが3台あります。1つ1つのチェアの間隔は余裕のある設計となっておりますので、隣の方に気遣うことはございません。


診療室・治療チェア(個室)

渋谷矯正歯科にある、もう1つの診療スペースです。こちらは個室の空間となり、よりリラックスして治療に専念いただけるスペースもご用意しております。


レストルーム

いつも清潔にしている洗面台があります。 治療前のお化粧落しや治療後のお化粧なおし・ブラッシングにご利用ください。

衛生管理設備

自分が家族に受けさせたい治療、
安心の環境にこだわりました。

患者さんに「自信をもってお勧めできる治療とは何か?」を真剣に考えました。それは自分たちが「患者として受けたい治療、家族に受けさせたい治療」ではないかと気づきました。矯渋谷矯正歯科の全スタッフが、自分も治療を受けたいと思える安心の治療環境をつくることで、自信をもってご案内できる院内の衛生管理を実現しました。
ぜひ無料カウンセリングにお越し頂いてご自身の目で感じて頂きたいと思います。安全で快適な治療のために「水」「空気」「機材」の全てに細心の注意をはらった高い衛生環境でお迎えします。

減菌パックによる器具管理

治療に使用する金属製の治療器具は患者さんごとにオートクレーブで減菌処理します。その後は専用の減菌パックで空気や細菌を遮断して衛生的に保管されます。使い捨てにするものと、減菌処理を施して繰り返し使用するものを明確にして、高い衛生環境とエコロジカルな環境を両立しています。

オートクレーブ

患者さんに触れる治療器具を高い衛生状態で保つことは基本です。使用した器具のうち繰り返し使用できるものは、ピンセットやミラーも含めた全ての金属製の器具をオートクレーブ(高温・高圧で病原菌を死滅させる歯科医療用の圧力釜のようなもの)を使い 121℃の高温で25分間減菌処理された上で安全に保管されます。


歯科医療用洗浄消毒機

(Miele Professional G7831) 圧力や高温で処理できない器具や容器を洗浄するジェット噴射式の洗浄機です。通常、歯科医院ではこうした器具を手洗いで洗浄しますがバラツキや洗い残しなどのリスクを排除するために、渋谷矯正歯科ではコンピュータ制御の洗浄機と専用の洗浄液を使い、付着したタンパク質などの徹底的な分解、雑菌の除去を安定した環境で行っています。


ディスポーザブルの積極的な活用

完全な減菌処理のできないもの、また適さないものについてはディスポーザブル(使い捨て)での使用を徹底し、院内感染の予防に努めています。