矯正治療の不安に答えます。「よくあるご質問」Q&A

渋谷矯正歯科 TOP よくあるご質問 >治療中・治療後に虫歯になった場合

治療中・治療後に虫歯になった場合はどうなりますか?

治療中・治療後に虫歯になった場合、歯並びに影響が出ますか?

治療中のケアについて

治療中は口腔内に矯正装置がついているため、通常よりも虫歯リスクが高まります。渋谷矯正歯科では、矯正治療を通して、患者さまに正しいデンタルコントロールをお伝えしています。具体的な内容としては、正しい歯磨きをはじめ、生活週間や定期検診の重要さなどをお話しています。また、治療中もプラークの除去・クリーニングを行っていきますので、当クリニックの治療中に虫歯でお悩みになる患者さまはわずかです。

治療後の虫歯について

渋谷矯正歯科では、歯並びや噛み合わせを生涯維持していくため、歯周病予防が一番大切だと考えています。 矯正治療後は歯並びが改善されるため、矯正前よりも虫歯・歯周病のリスクは低くなります。
それでもケアを怠ると虫歯になってしまうことがあります。たとえ虫歯になったとしても、早期に治療することで、歯並びには問題はありません。 治療に際して必要がある場合には、患者さまのかかりつけの歯医者さん・ドクターに、矯正時の資料や診断書などをご用意(一部有料)させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

 
一覧へ戻る