矯正治療の有力な選択肢 裏側矯正 Lingual orthodontics

渋谷矯正歯科 リンガル治療内容 > 歯列矯正の痛みについて

歯列矯正の痛みについて

痛い?痛くない?気になる矯正の痛みを分かりやすくお話しします。

 歯列矯正は「痛い」と聞いたことありませんか?どれくらい痛いのか不安に感じる方も多いと思います。カウンセリングでも「矯正は痛そうで何となく怖い」という声も伺います。 現在の技術でまったく矯正の痛みを無くすことはできませんが、矯正専門クリニックならではの技術と配慮で、患者さまから「考えてたより痛みは少なかった」とのお言葉を頂くことも少なくありません。気になる矯正の痛みを、原因と対策からわかりやすくお話します。

矯正治療の痛みとは?

歯列矯正の代表的な痛みには次の様なものがあります。「歯が動く痛み」、「ものを噛む痛み」、そして「装置があたる痛み」です。歯列矯正の痛みには「個人差」があることは確かですが、だからこそ痛みを強く感じる患者さまの立場に立って考えなければなりません。患者さまお一人おひとりの痛みの原因・痛みの感じ方に合わせてケアを行い、快適で痛みの少ない歯列矯正をおこないます。「個人差」を逃げ道にせずにしっかり患者さんと向き合うことが渋谷矯正歯科の姿勢です。

  1. 1歯が動くときの痛み

     矯正装置をつけた直後は、痛みと言うよりも引っ張られている感覚があるはずです。その後、平均6.4時間で痛みを感じると言われます。 痛みのピークは35.7時間後、つまり翌日の夕食時が最も痛い時間といえます。 その後痛みは少しずつやわらぎ、長くても1週間でなくなります。 矯正はそのメカニズム上、移動に痛みがともないます。一般には歯の移動時は95%の確率で痛みが発生すると言われます。

    2食事のときの痛み

     歯の動く痛みと同じように装置をつけた当日の食事から痛みを感じる方がいらっしゃいます。これも歯の動くときの痛みと同様に矯正を行っている間、特に装置の調整後数日はつきあっていく痛みの一つです。噛むことで痛みを感じるので固いものや噛みきることが必用な食べものは避ける必要があります。

    3歯装置があたるときの痛み

     歯列矯正では歯を動かすためにワイヤーとブラケットという装置を使います。小さく角が丸められたものですが金属の装置を歯につけるのですから自然と口の中や舌にあたります。そのため装置のあたるところが刺激により口内炎になることがあり痛みをともないます。

歯列矯正の痛みを軽減します

 歯列矯正の痛みはワイヤーとブラケットで歯を動かすことがそもそもの原因ですから、私たちはワイヤーにこだわりました。形状記憶ワイヤーの場合「加工が難しい = 弱い力でしっかり歯動かす」ことができます。形状記憶の性能が悪いワイヤーの場合「加工はしやすい = 一気に強い力で歯を動かす」ことになり、治療が進むにつれ痛みが増しています。
渋谷矯正歯科では、治療中ずっと形状記憶の性能が高いワイヤーを使用するので、弱い力で歯を動かすことができ、従来に比べて遙かに少ない痛みで理想の歯列矯正を実現しました。

 
食事について

食事をする時に硬いものを噛もうとすると痛みが出やすいので、事前に簡単なお食事の指導をさせて頂いております。 違和感が強い患者さまには、進めるペースを緩めたりといった配慮もしていますのでご安心ください。生活スタイルによっても異なりますので渋谷矯正歯科では患者さまとご相談しながら、お一人おひとりのペースで極力無理のないよう治療を進めています。

装置が当たる痛みには

 装置がお口や舌にあたる違和感、またそれによる口内炎を予防するために、歯科用のワックスがあります。これと半透明の粘土のようなものを使用し、装置があたる場所に被せるようにつけます。 普段の生活や食事の際に外れてしまうこともありますが、万が一飲み込んでしまっても問題のない素材で出来ているので安心してご利用ください。

開院から続く歯列矯正の痛みを和らげる「痛み止めケアセット」

 渋谷矯正歯科ではこれまでご紹介した院内の痛み対策にプラスして、当院独自の「痛み止めケアセット」を全ての患者さまにご提供しています。 痛みや不安を感じた患者さまには安心して治療を進めて頂けるよう電話サポートやご来院での痛みケアホットラインもございます。

患者さんのことを徹底的に考えた
「返金保証システム」の実施

 一生に一度の矯正治療、初めての裏側矯正には痛みを始めとした、色々な不安があると思います。そこで渋谷矯正歯科では「返金保証システム」を導入しています。 装置装着後2ヶ月以内に治療継続が難しくなった場合、「全額返金(初回検査料・処置料は除く)」または、「無料で治療内容変更(ハーフリンガルシステムまたはマウスピース矯正へ)」を致します。「返金保証システム」の詳しい内容はお問合せください。