裏側矯正治療中、しゃべりづらい事はありませんか?

裏側矯正治療中、しゃべりづらい事はありませんか?

装置を付けたての時期には違和感を感じる場合があります。

裏側矯正治療では矯正装置が歯の裏側に付くため、装置の付けたては舌に違和感を覚え「話しにくい」と感じる方は少なからずいらっしゃいます。例えば、舌を上前歯の歯茎付近に付けて発音する、サ行やタ行、ラ行の場合にはいつものように発音できず舌足らずな印象になることがあります。また、英語の場合にも「th」の発音が多少難しくなります。 しかし、その状態がずっと続くわけではなく、2週間から1ヶ月もするとほとんどの方が装置に慣れ、話しにくさの問題は解決されます。

裏側矯正装置は舌の正しい位置・動きを邪魔しません。

そもそも、裏側矯正治療で使用されるブラケットは基本的には舌の正しい位置や動きを邪魔するものではありません。ただ、人によって舌の位置や動かし方には癖があるのが普通です。 そうした癖を持った方は、矯正装置によっていつもの位置や動かし方を変えなければならないため、違和感を覚えます。
けれども、装置があることで舌が正しい位置や動かし方へと徐々に誘導され、癖が改善されるメリットもあるので、矯正装置を付けた違和感は必ずしも悪いことでは無いと言えるでしょう。

歯の裏側に付く装置はごく薄いものを使用しています。

combination_1

渋谷矯正歯科の裏側矯正装置(ブラケット)は薄く小さいので、お口の中に装置があることに比較的早く慣れることができます。また、患者さまの歯に合わせたオーダーメイド仕様ですので、歯の裏側にしっかりと固定されます。

歯並びの問題は滑舌・発音に影響します。

歯並びやかみ合わせの問題を抱えている方の中には、滑舌や発音で悩んでいる方も時々いらっしゃいます。歯と歯の隙間が大きい場合には空気が抜けてしまい、発音は不明瞭になります。また逆に、舌の位置が正しくないために歯並びを悪化させているという場合もあります。
滑舌の悪さの原因は、必ずしも歯並びにあるわけではありませんが、矯正治療をきっかけに滑舌や発音が改善することもあるのです。裏側矯正装置は一時的に滑舌を妨げることがありますが、治療期間中ずっと続くものではなく、矯正治療の進行とともに根本的な改善を目指すことができます。

渋谷矯正歯科ではアナウンサー、シンガーなどのアーティストなど、人前でお話しするプロフェッショナルな方の治療実績もありますので安心してご相談ください。