歯の裏側に装置がついても食事ができるのですか?

歯の裏側に装置がついても食事ができるのですか?

裏側矯正では歯の裏側に装置がつくため、上顎の装置と下の歯が当たってしまうことがあります。
その場合には、奥歯へ一時的に咬む面(咬合挙上用のレジンを使用)を作り、噛み合わせの高さを調整して食事ができるようにします。
歯が動くにつれて奥歯や前歯は段々と咬んでいきますので、治療が経過するにつれてレジンを少しづつ削っていきます。
そうすることによって段々と咬む面が増えていき、 最終的にはレジンがなくてもしっかりと咬めるようになります。
「奥歯にレジンを盛ると食事がしにくくなるのでは?」と心配する方も多いですが、ほとんどの方は2週間程度で気にならなくなります。
また、この方法の良いところは、
・噛み合せが上がるので顎の関節への負担が減ってスプリントのような効果が得られる。
・上下の歯の干渉が減るので歯の移動が早くなる。
などがります。