クリニック紹介

渋谷矯正歯科 > クリニック紹介 > 院内設備紹介

渋谷矯正歯科 院内設備の紹介

矯正治療を支える
デジタル設備

手前が3DCT、奥がデジタルパノラマ・セファロX線撮影装置(デジタルレントゲン)です。3DCTでパノラマ・セファロに相当する画像も撮影できますが、用途に合わせて使い分けるため、それぞれの設備を設置しています。

3DCTによる検査で
より多くの情報を取得

歯を動かしていく際に大切なのは目に見えていない「歯の根」や「骨」の部分です。 見えない部分を把握するため活躍するのが、CTという機械ですが、みなさんはどのような機械かご存知でしょうか?
 簡単に言うと、CTとはX線を用いた断層撮影のための装置です。対象物を「輪切り」で撮影していくので、 物と物の重なりや形の把握に強く、対象を立体的に捉える一助となります。 矯正治療においては、歯の位置関係や骨の質・高さ・形を確認できるので、無駄の無い治療計画に役立ち、 渋谷矯正歯科の矯正治療に欠かせない設備と言えます。

衛生管理のための設備

自分が家族に受けさせたい治療、
安心の環境にこだわりました。

「患者さんに自信をもってお勧めできる治療とは何か?」、それは自分たちが「患者として受けたい治療、家族に受けさせたい治療」ではないかと思います。渋谷矯正歯科では、「クリニック全体」、「機材や器具」、「水」に至るまで衛生管理に配慮しており、院内感染を防ぎ、患者さまに気持ちよく治療を受けていただけるような環境作りを行っています。

酵素洗浄剤・オートクレーブを用いた滅菌消毒システム

1洗浄機での洗浄

ピンセットや口腔内ミラーなど、患者さまのお口に直接触れる器具は、まず酵素洗浄剤を使って洗います。酵素洗浄剤とは一般的な家庭用洗剤などでは落としきれない汚れまで除去できる強力な医療用洗剤ですが、人体には無害なため、お口に触れる器具にも使用できます。
また、洗浄・乾燥は専用のウオッシャー(洗浄機)で行います。使用しているウオッシャー*は十分な時間をかけて高温洗浄を行うため、B型肝炎ウイルスなどの熱に強い病原菌も不活性化させることができます。
*当院では洗浄機(ミーレジェットウオッシャー)を使用しています。

オートクレーブでの滅菌処理

酵素洗浄剤での洗浄後、「オートクレーブ」と呼ばれる機械で滅菌を行っていきます。オートクレーブとは高温・高圧で滅菌を行う医療用の滅菌器です。渋谷矯正歯科で導入しているオートクレーブ*は、内部で真空状態を作り出せるため、チューブ状の内部や多孔性材料内部に残った空気を抜き、滅菌のための蒸気を細部の奥まで行き渡らせることができます。この機能によって高いレベルで滅菌することができます。
*当院ではオートクレーブ(DAC プロフェッショナル)を使用しています。

3滅菌パックで管理

洗浄・滅菌を行った器具は、患者さま1人ごとに滅菌パックに封入し管理するため、洗浄後も汚れや雑菌から守られて保管されます。開封は治療で使用する際に行われます。