歯列矯正の症例紹介

すきっ歯(正中離開)の矯正症例

正中離開(空隙歯列)とも呼ばれますが、歯と歯の間に隙間ができるケースを、すきっ歯(正中離開)といいます。

すきっ歯(正中離開)は、あごの大きさに対して歯が小さい場合や、生まれつき歯の本数が足りない場合に起こりやすいといえます。

【すきっ歯(正中離開)の治療法】

すきっ歯(正中離開)の治療法は、矯正治療のみで大部分の症例が治ります。

渋谷矯正歯科では非抜歯、抜歯を問わず患者さまに最も負担が少なく、効果的な裏側矯正治療をご提案します。また上下全顎だけでなく症状に応じ

すきっ歯(正中離開)の矯正症例一覧