歯列矯正の症例紹介

クロスバイトの矯正症例

上下の歯列が前後に、あるいは頬側と舌側で交叉する噛み合わせのケースをクロスバイト(交叉咬合 )といいます。

交叉する場所は一箇所だったり、数箇所だったりします。

【クロスバイト(交叉咬合 )の治療法】

クロスバイト(交叉咬合 )の治療法は、矯正治療のみで大部分の症例が治ります。

渋谷矯正歯科では、非抜歯、抜歯を問わず患者さまに最も負担が少なく、効果的な裏側矯正治療をご提案します。治療の基本となる噛み合わせと同時に、美しい歯並びと高い審美性に実績があります。

クロスバイトの矯正症例一覧