非抜歯、マルチブラケット装置により咬合を改善

矯正治療前

study_09_ph02_01study_09_ph02_02study_09_ph02_03

クロスバイト(上下の奥歯がずれて、かみ合わせが反対になってしまう)上下に凸凹があり、かみあわせの問題がある状態でした。

矯正治療後

study_09_ph04_01study_09_ph04_02study_09_ph04_03

抜安易に抜歯をせずに、マルチブラケット装置によって、噛み合せを改善しました。

※ 患者さまの承諾をいただいて掲載しています。