すきっ歯について

すきっ歯で悩んでいませんか?
見えない裏側矯正で解決できます。

一般的に「すきっ歯」と呼ばれる歯の隙間。実はコンプレックスに感じている人が多いのが、この「すきっ歯」です。大きく二つに分けられるのですが、歯のまん中(前歯)の隙間が目立つ「すきっ歯」を正中離開(せいちゅうりかい)と呼びます。また複数の歯の隙間が目立つ「すきっ歯」を空隙歯列(くうげきしれつ)と呼びます。
どちらも難しい字を使っていて読みづらいですね。このページでは主に「すきっ歯」としてお話しします。

すきっ歯はどうやって治療するの?

「すきっ歯」は歯の隙間が空いているのですから、隙間を閉じれば目立たなくなります。見た目を改善する治療から、根本的な解決を目指す治療まで様々です。一般的には、見た目重視のものは短期間で廉価、根本的な解決を重視する治療は長期間で高価と言えるでしょう。ただし自然でより身体に優しい治療は根本的治療となります。

「すきっ歯の治療」について特徴とメリット・デメリット

(1)レジンを使った治療。(2) ラミネートベニアを使った治療。(3)セラミックなどの差し歯による治療。(4) 矯正治療。が代表的な方法です。それでは簡単にそれぞれの特徴とメリット、デメリットをお話しいたします。

レジン (ボンディング) による「すきっ歯」の治療とは?

レジンは歯医者さんで受ける治療の中でポピュラーなもので、白い歯科プラスチックをコンポジットレジンと言います。これを利用し丁寧に盛りつけ(ボンディング)、隙間を目立たなくするのがレジンによる「すきっ歯」の治療です。メリットは極めて短期間で他の治療に比べると廉価、そして歯を削らないという点。デメリットは数年で変色や欠けなど起こり再施術が必要になる点、主に見た目の対処なので歯並びや噛み合わせといった根本的な改善に繋がらない点です。

ラミネートベニアによる「すきっ歯」の治療とは?

聞き慣れない言葉ですが最近注目されている「すきっ歯」の改善方法で、薄いセラミックの板 (つけ爪のようなイメージです)を、歯を僅かに削り接着することで、隙間を目立たなくするのがラミネートベニアによる「すきっ歯」の治療です。
メリットは比較的短期間という点と歯を削る量が被せ物より少ない点、デメリットは張りつけてあるものなので場合により外れることがある点、主に見た目の対処なので歯並びや噛み合わせといった根本的な改善にそれほど繋がらない点です。

セラミックの差し歯による「すきっ歯」の治療とは?

セラミックの差し歯(クラウン)は一般的に行われている歯科治療なのでご存じの方も多いと思います。歯を削って土台をつくりその上にセラミックで出来た歯を被せることで「すきっ歯」になっている隙間を埋めます。メリットは自然で美しい歯を作れる点、レジンやラミネートベニアに比べて丈夫な点。デメリットは健康で正常な歯を削る量が多い点、はめ込んであるものなので外れることもある点です。隙間のある部分は改善できますがお口全体の改善には繋がらない点です。

裏側矯正による「すきっ歯の治療」とは?

これまでお話しした「すきっ歯」の治療はどちらかと言うと、見た目を短期間で安く改善する(審美歯科的)方法で、「すきっ歯」の原因になっている問題を根本的に治療するものではありません。 裏側矯正による「すきっ歯の治療」は、歯の隙間だけでなく噛み合わせや輪郭など、口元の美しさと身体全体のバランスを根本から治す「治療」です。

また前歯の「すきっ歯」は見た目重視の改善も一時的に有効ですが、お口全体に隙間がある場合は矯正による「すきっ歯」の治療が基本となります。きちんと矯正することによって表情や輪郭(顔貌といいます)というまさにお顔の印象が変わります。

裏側矯正のメリットは「すきっ歯」の根本的な原因を解消して隙間を埋める点、口元だけでなくお顔全体を整えられる点、噛み合わせによる身体全体のゆがみを改善できる点です。もちろん裏側矯正では装置は外から見えません。デメリットは相対的に高価となる治療費用という点、また治療期間と通院の苦労という点です。

ブラケット装着「最短6ヶ月の見えない裏側矯正」を提供します。

私たち渋谷矯正歯科では、「裏側矯正の専門クリニック」として開院以来、数多くの患者さまの不安と悩みに徹底して向き合ってきました。治療費用が安いことに越したことはありません。ただし渋谷矯正歯科では、治療の質を落とすような価格設定や、その場しのぎのキャンペーンは致しません。目指しているのは最高レベルの治療と治療期間の短縮です。そのうえで常に適正な価格を院内フローを含めた経営の見直しによって呈示します。

お悩みの方はぜひ一度、無料カウンセリングにお越しください。どんな不安やご質問にも誠心誠意お答えいたします。