見えない裏側矯正(舌側矯正) | 裏側矯正の渋谷矯正歯科、渋谷駅徒歩3分

ortho_img

裏側矯正は矯正の
新しい選択肢です。

渋谷矯正歯科は「見えない裏側矯正」の専門クリニックです。裏側矯正は別名「舌側矯正」また「リンガル矯正」とも呼ばれるもので、新しい矯正の選択肢として注目されています。理由はシンプルで治療目的(歯並びの改善)が同じなら歯にかかる負担が少なく、虫歯など治療中のリスクが低いことが特徴です。治療中も装置の見えない美しい治療方法が多くの患者さんに評価頂いています。
矯正治療と言うと喋ったり食事をする時に表側に見えるギラギラした金属の器具を想像する方が多いですが、単純にドクターが治療をし易いために長い間スタンダードとされていたに過ぎません。

ortho_img_sp

渋谷矯正歯科は医師の都合でなく「患者さんを中心」とした治療を大切にする考え方から、期間も短く、治療中も見た目に美しい裏側矯正専門として開業しました。最近は都心を中心に見えない矯正として裏側矯正を行うクリニックも増えてきましたが、表側矯正しか知らない医師が、簡単なセミナーを通して裏側矯正を始める事も多いので注意が必要です。裏側矯正を考える方は焦らずに、ぜひ複数のクリニックを訪問したうえで、納得のいく説明を受けてから治療をスタートして頂きたいとおもいます。

最新の矯正治療と適正な費用

見えない裏側矯正の矯正装置
見えない裏側矯正の矯正装置

見えない裏側矯正専門クリニックとして最新の治療法、治療技術を積極的に取り入れています。もちろん新しければ良いというものでなく、国際的エビデンス(臨床結果などの科学的根拠)の裏付けのあるものを院長の検証のもとで導入しています。
幅広い患者さんの希望、症状に対応できるよう デジタル裏側矯正(歯型模型のスキャンデータを用いた治療計画立案、3Dプリンタを利用した技工物作製)、サージェリーファースト(外科的手術を先に行なった後に矯正治療を行う術式)、マウスピース矯正インプラント矯正など多くの選択肢を裏側矯正と組み合わせて理想的な治療を導入・実践しています。

私たち渋谷矯正歯科では専門クリニックとして特化することで、医師・スタッフの教育費用、専用設備の導入費用、矯正装置の購入費用など全てを合理化しています。これにより裏側矯正の専門クリニックとして最新の治療を提供しながら、治療費用を表側矯正と同じレベルに抑えることが可能となりました。また自院でのノウハウや成功事例を学会を通して多くの歯科医に共有することで、裏側矯正の技術向上に貢献を目指しています。

私たちの裏側矯正の特徴と患者さんのメリット

md_11
md_11

日本舌側矯正歯科学会(JLOA)理事であり、国内外の矯正学会認定医・専門医資格を持つ院長 東海林が治療に直接携わり、医師・スタッフへの指揮を執ることで専門医による丁寧で細やかな治療を提供します。
治療チームも独自の院内教育プログラムと院長による厳しい評価をクリアしたメンバーで構成されます。こうして矯正専門クリニックとしての体制を整えることで、質の高い治療を適正価格で提供するという課題を解決しました。
専門医による治療、最善を尽くした治療チーム、適正な価格が私たち渋谷矯正歯科の裏側矯正の特徴です。

① 普段の生活では装置がみえません

目立つ矯正装置が嫌で矯正治療をためらっていた方、キャビンアテンダント・アナウンサーなど職業的に目立つ矯正装置を禁止されていた方も安心して治療頂けます。

② 食事でのストレスが少ない

表側矯正では、食事のときに装置に食べ物がからまったりし、その度に歯磨きに行く訳にも行かず、大変気を遣う必要があります。裏側矯正治療では、そうした精神的な苦痛を感じることなく、治療を行うことができます。

③ いち早く美しい歯並びを実感できる

裏側矯正治療では治療が終るのを待たずに、前歯が揃ってきた段階で美しい歯並びを実感することができます。通常、治療から半年程度で前歯がきれいに揃うので、その段階でかなりきれいな口元で過ごせます。

④ むし歯になりにくい

歯の裏側は表側よりエナメル質の層が厚いのでむし歯になりにくく、また、万が一むし歯になった場合も裏側矯正であれば目立たない利点があります。

⑤ 歯を守るエナメル質を痛めません

表側矯正のトラブルに「エナメルクラック」という矯正装置を外す時に表側のエナメル質にひびが入るような傷つけてしまうことがあります。裏側矯正では装置を外す時も表側にはダメージをあたえないのでエナメル質を痛めず治療できます。

⑥ 前歯を引っ込めやすい特徴があります

固定源となる奥歯が、裏側からの矯正の場合は動きにくいので、それだけ前歯をしっかりと後ろに引っ込めることができるのです。そしてさらに舌に装置が当たるので舌を前に出さなくなりスムーズに前歯が後退します。

⑦ アクティビティ・スポーツも我慢せずに楽しめます

サッカーなどのボディコンタクトのあるスポーツ、水泳などアクティビティも治療中に楽しんで頂くことができます。万が一、口元に何かぶつかっても 装置は歯の裏側なので、唇を傷つけることがなく安心です。