インプラント(ミニスクリュー)矯正 | 裏側矯正の渋谷矯正歯科、渋谷駅徒歩3分

Implant_img
Implant_img_sp

ミニスクリュー(インプラント)矯正は難症例も少ない負担で治療できます。

「ミニスクリュー(インプラント)矯正」は歯の大きな移動を必要とする場合、一般に外科手術が必要とされるような難易度の高い場合に選択します。治療開始時に矯正用インプラントを骨に固定して持続した力をかけ続けることで、治療期間の大幅な短縮が可能です。外科施術の場合は術後の安定まで患部への負担が伴いますが「ミニスクリュー(インプラント)矯正」はこうした心配が必要ありません。
また外科手術を伴わない場合でも難易度の高い矯正治療の場合、患者さんへの大きな負担となっていた固定用のヘッドギア、移動用ゴムなどを使用せずに、難しい症例でも早く快適に治療を行うことができます。

インプラントと言うと同じく入れ歯の代わりに用いられる歯科用インプラントを想像する患者さんもいらっしゃいますが「ミニスクリュー(インプラント)矯正」で用いる矯正用インプラントは極めて小さい僅か直径 1.5mmほどのスクリューです。矯正用インプラントの施術時間は、1本あたり約20分ほどで終わります。表面に麻酔を施した後に局所麻酔をするので施術中の痛みはありません。お口の中へインプラント埋入、消毒を行って施術終了となります。麻酔が切れる前後で僅かに痛みを感じることがあるため、お帰りの際に痛み止めを処方します。

挿入したインプラントが骨に固定するまで刺激を与えないように注意頂きますが、日常生活の障害になるような事はありませんのでご安心ください。

より安全で確実なミニスクリュー(インプラント)矯正のために

orthonia渋谷矯正歯科では「ミニスクリュー(インプラント)矯正」のインプラント埋入に電動トルクドライバー(オルソニア)を使用します。今までは矯正用インプラントを埋入する際は手動で行うため先端のシャフトがブレてしまう問題がありました。矯正用インプラントアンカーは論文や文献でも 10〜20% 程度は必ず脱離することが報告されています。そこで可能な限り脱落率を減らして効率の良い矯正治療を行うことが重要となることから電動トルクドライバー(オルソニア)を使用しています。
この電動式電動トルクドライバー(オルソニア)を用いることで、超低速の埋入速度で埋入部のトルク(埋入する力)も設定できるために、不用意にインプラントが折れてしまうリスクがなく、シャフトの先端のブレがないので埋入部の皮質骨を必要以上に広げないため安定して定着しやすくなります。患者さんにとっては埋入スピードが遅いので痛みが少ないなど、その利用に多くのメリットがあります。

治療費

渋谷矯正歯科では、治療開始から終了まで全ての費用を含んだトータルフィー制度を導入しています。「ミニスクリュー(インプラント)矯正」は「裏側矯正」のバリエーションとして提供しているので費用は同額となります。

難易度 ケース 基本治療費
全体矯正 ノーマル裏側矯正 1,250,000円

※上記、料金には治療開始から終了まですべての料金が含まれています。
※お支払いは現金、クレジットカード、最大120回までのデンタルローンがお選び頂けます。
※治療費は、治療期間と同様に個人差があります。まずはお気軽にご相談ください。
※終了後のメンテナンス料は別途頂いております。
※ご家族で2人目以降の治療の場合、基本治療費が100,000円割引となります。
※学割制度、ご紹介制度あり、基本治療費が50,000円割引となります。
※詳しくはお支払い方法をご覧ください。
※2014年8月1日現在

カウンセリング予約他の治療方法の費用と比較