高い精度のためのデジタル矯正

矯正装置の精度を大幅に向上
欧米で主流の新しい矯正治療です。

3dデジタル裏側矯正は欧米で近年スタンダードとなった新しい矯正治療の考え方です。患者さまの歯型模型から3Dスキャナでデータを取得することによって、あらゆる角度からあなたの歯並びを見ることができます。
これによって、今までレントゲン・歯科用 CT でも出来なかった質の高いシミュレーションがコンピューター上で実現しました。
デジタル裏側矯正では、矯正専門医の技術・経験とコンピューターの精確さの両方を合わせることによって最善の治療計画を立てることが可能となります。

デジタル裏側矯正には精確さだけでなく、矯正装置の作製工程をシンプルにする利点があります。そのため従来と比べ精度の高い矯正装置の作製が可能になりました。

渋谷矯正歯科の「デジタル裏側矯正」

渋谷矯正歯科は10年以上、専門クリニックとして歯列矯正に携わってきた立場にあり常に新しい矯正技術に接してきましたが、デジタル技術の登場は作業工程を大きく変える画期的なものでした。

flow2手作業での裏側矯正装置の作製は多くの工程と細心の注意を必要とします。
まず患者さまの歯型模型を採取した後、そこから複製を作製(複印象)。その複製から歯を一本一本削り出し、理想的な歯列へとワックス土台上に並べ直していきます。ここまでが裏側矯正装置を作製する準備段階と言えますが、この全てを以前は手作業で行っていたのです。デジタル技術の導入によってこれら「複印象」「ゾーピング」「歯軸」「分割」といった作業が不要になり、そのおかげで矯正装置の精度を上げることが可能になりました。

渋谷矯正歯科の「デジタル裏側矯正」

渋谷矯正歯科は10年以上、専門クリニックとして歯列矯正に携わってきた立場にあり常に新しい矯正技術に接してきましたが、デジタル技術の登場は作業工程を大きく変える画期的なものでした。

flow2_sp

手作業での裏側矯正装置の作製は多くの工程と細心の注意を必要とします。
まず患者さまの歯型模型を採取した後、そこから複製を作製(複印象)。その複製から歯を一本一本削り出し、理想的な歯列へとワックス土台上に並べ直していきます。ここまでが裏側矯正装置を作製する準備段階と言えますが、この全てを以前は手作業で行っていたのです。デジタル技術の導入によってこれら「複印象」「ゾーピング」「歯軸」「分割」といった作業が不要になり、そのおかげで矯正装置の製作期間も短縮。結果として、患者さまの治療期間を以前より短くすることができました。

渋谷矯正歯科「デジタル裏側矯正」の特徴

① 0.1mm単位の調節で期待通りの治療結果が得られます

手作業での「排列(模型上での歯の並べ替え)」は、ドクターや歯科技工士の技術や経験に支えられたものでしたが、やはり手作業ゆえの誤差は生じてきます。しかし、コンピューター上で排列を行いそれを3Dプリンタで出力することによって0.1mm単位の調節が可能になりました。

② 装置の精度が高く、治療時の違和感も最小限です

デジタル技術のおかげで手作業で行っていた多くの工程を省略できるようになりました。また、3Dスキャナと3Dプリンタを用いた作業のデジタル化によって精密な矯正装置を作製。治療時の違和感も最小限に抑えています。

③ デジタル設備を院内に設置

上記のようなデジタル設備は矯正専門の歯科技工所ならまだしも、歯科医院で保有している所というと数が限られており、とても珍しいことです。院内に保有することによって矯正装置作製時にドクターと歯科技工師のコミュニケーションが取りやすく、より精確な裏側矯正装置を時間的なロス無く作製できる利点があります。

「デジタル裏側矯正」があれば矯正専門医は不要なのでしょうか?

questionデジタル裏側矯正は、最先端のデジタルテクノロジーで治療期間の短縮だけでなく、矯正専門医は不要となってしまったのでしょうか?
飛行機や新幹線がどんなに自動化されても訓練された専門の運転士が必要なように、患者さんの状態と気持ちを理解して最適の治療計画を立案して治療をおこなうのは「ドクター = 人」です。
渋谷矯正歯科は、2007年の開業当時より矯正歯科専門のクリニックです。現在までに数百名の患者さんに “心からの笑顔” を提供してまいりました。日本舌側矯正歯科学会/WSLO/ESLO/日本矯正歯科学会の専門医である院長・東海林 貴大を中心に、医師・スタッフ全員で最善の矯正治療を提供します。院長は日本舌側矯正歯科学会(JLOA)の理事も努めており、技術・知識の向上だけでなく正しい矯正治療の啓蒙にも携わっています。矯正専門医と専門チームの知識と経験が「デジタル裏側矯正」に代表される最先端のデジタルテクノロジーと患者さんの架け橋となっています

「手作業」と「デジタル」の比較

手作業

1、歯型模型を取得

患者さまの歯型を採取し、その型から模型を製作。

2、複印象

模型から複製の模型を作業用に取得します。

3、ソーピング

新たに取得した模型に光沢を出すため、模型に薬剤を塗布します。

4、歯軸の確認

歯軸(歯の傾き)を確認し、模型に印をつけていきます。

5、分割

模型から歯を1本1本切り出していきます。

6、排列

切り出した歯をワックス上に並べ直し、理想の歯列を作ります。

7、コア作製

ワイヤーを設置する場所(コア)を作成していきます。

8、ワイヤー曲げ作業

ワイヤーを治療計画に沿って加工していきます。

9、完成

たくさんの作業を経て完成です。

デジタル矯正作業

1、歯科用CTで骨格スキャン・歯型取得

CTスキャナで患者さまの骨格のスキャニングをするとともに、患者さまの歯型を採取します。

2、模型を3Dスキャン

取得した歯型模型を3Dスキャナでデジタルデータとして読み込みます。

3、CT画像と3Dスキャナーの データを元にPC上で排列・治療計画

3DスキャナとCTスキャナで読み込んだデータをもとに、PC上で理想の歯列を作り上げます。

4、コア作製

ワイヤーを設置する場所(コア)を作成していきます。

5、ワイヤー曲げ作業

ワイヤーを治療計画に沿って加工していきます。

6、完成

デジタル技術を利用することによって、手作業にくらべて、より精度の高い技工物を作ることができます。

治療費

渋谷矯正歯科では、治療開始から終了まで全ての費用を含んだトータルフィー制度を導入しています。「デジタル裏側矯正」は「裏側矯正」の工程として提供しているので費用は同額となります。

部位 ケース 治療費
全体矯正 ノーマル裏側矯正 1,250,000円

※上記、料金には治療開始から終了まですべての料金が含まれています。
※お支払いは現金、クレジットカード、最大120回までのデンタルローンがお選び頂けます。
※治療費は、治療期間と同様に個人差があります。まずはお気軽にご相談ください。
※終了後のメンテナンス料は別途頂いております。
※ご家族で2人目以降の治療の場合、基本治療費が100,000円割引となります。
※学割制度、ご紹介制度あり、基本治療費が50,000円割引となります。
※詳しくはお支払い方法をご覧ください。
※2014年4月1日現在

カウンセリング予約他の治療方法の費用と比較