金属アレルギーと矯正治療

歯科金属アレルギーの人は
矯正治療をすることができないの?

金属アレルギーの原因として近年注目されているのが、歯科金属アレルギーと呼ばれるものです。主にむし歯の治療に使われる詰めものの金属が原因です。歯科金属による金属アレルギーはお口の中だけで発症するわけではありません。
直接触れていない手や足など全く違う所に症状が現れることもあります。歯科治療後にこうした症状が現れた方は、歯科金属アレルギーの可能性があります。

矯正治療に金属はつきもの?

矯正ではこうした金属アレルギーに対する心配はいらないのでしょうか?確かに裏側矯正、表側矯正に関わらず歯列矯正に金属製の部品はつきものです。一般的には金属アレルギーをお持ちの方は矯正治療が出来ないと思われがちですが、矯正専門クリニックでは様々なアイデアや経験でアレルゲン対策をおこない治療を可能にしています。金属アレルギーを持つ方の矯正治療についてお話します。

まず「歯科金属アレルギー」とは。

ピアスやネックレスでは注目される金属アレルギーですが、実は「歯科金属アレルギー」と言って身につけるアクセサリー以上に深刻な症状に繋がることがあります。それはお口の中に存在するアレルゲンが唾液と反応することで身体に作用し口腔内だけでなく、全身の症状に繋がることがあるからです。

歯のつめものが歯科金属アレルギーの原因になる場合

一般的には歯の詰め物(補綴物)に使われる金属(一般に銀歯と呼ばれるパラジウムなど)は材料によって細胞毒性が報告されるなど、国外では使われる事の無い金属元素を含む場合があります。これらが唾液に溶け出したり、摩耗することで手足の湿疹やかぶれ、身体全身の不調(不定愁訴といいます)、口内炎などに繋がることがあります。

矯正治療の器具が歯科金属アレルギーの原因になる場合

歯の詰め物(補綴物)に比べて矯正歯科での歯科金属アレルギー報告は少ないものの、事前にアレルゲン物質がわかっている場合は、対処が必要になります。

矯正専門医での「歯科金属アレルギー」対策について。

それでは私たち渋谷矯正歯科で取り組んでいる「金属アレルギー」の対策についてご説明致します。最も大きな違いは代表的な「歯科金属アレルギー」のアレルゲン物質「ニッケル」に配慮した矯正装置です。【オーソス チタニウム システム】の素材チタンは生体適合性のある素材として良く知られており、骨や軟骨の代替物として広く医療に使用されています。チタニウムはニッケル・フリーというだけでなく、その表面に形成される頑固な酸化膜が酸素や化学薬品から金属内部を守ります。またステンレスに比べて50%多く衝撃力を吸収し患者さんの快適な治療に繋がります。
また、微量の金属元素でもアレルギー症状を引きおこす場合は、透明な樹脂による【マウスピース矯正】など患者さまの身体を第一に考えた矯正治療をご提案致します。

【マウスピース矯正の例】・透明な樹脂(プラスチック)製で金属アレルギーの心配がない。 【ニッケルフリー素材による矯正の例】・インプラントや人工関節にも使われる金属アレルギーの影響の少ないチタン製です。

金属アレルギーの方も「矯正をあきらめず専門医に」ご相談ください。

私たち渋谷矯正歯科では、「裏側矯正の専門クリニック」として開院以来、数多くの患者さまの不安と悩みに徹底して向き合ってきました。歯科金属アレルギーをお持ちの方や、骨格に問題を抱えて他医院で断られた患者さまも多くご相談をお受けして、実際にきれいな歯並びで歯科治療を終えています。

金属アレルギーをお持ちで、歯並びでお悩みの方はぜひ一度、無料カウンセリングにお越しください。どんな不安やご質問にも誠心誠意お答えいたします。