デジタルレントゲンとは

デジタルレントゲンでは「側面および正面からみた骨格に起因する問題点」「歯のコンディション、歯根の状態、および顎関節の状態」を調べます。
明るくクリアな画像を撮影することができるため、骨と軟組織がクリアに映し出され正確に骨格を分析することができます。また歯の修復物や根の状態などを極めて正確に診察することが可能で、経年変化による画質の劣化が避けられないフィルムに比べ、いつまでも鮮明なデータで保存できます。このデータから歯の型を取り模型を作成し、咬合状態の確認と治療前後の比較をします。