歯槽骨(しそうこつ)とは

歯槽骨は顎骨の中でも特に、歯を支えている部分のことです。
歯槽骨と歯の歯根表面を覆うセメント質は歯根膜で繋がれているため、歯は簡単に抜けることはありません。
しかし、歯周病が進行すると歯槽骨や歯根膜が破壊されるため歯を支えることが出来なくなり、歯が抜けてしまうことがあります。また、歯周病で一度吸収してしまった歯槽骨は、どんなに良い治療を行なったとしても回復が非常に困難です。