セルフライゲーションとは

一般的なブラケットでは、ワイヤーとブラケットを結紮(けっさつ)する必要がありましたが、 このセルフライゲーションブラケットでは、自らワイヤーをとめる事ができます。
それにより、今迄ワイヤーを固定するためにかかっていた時間を省け、患者さまをお待たせせずにワイヤー交換やメンテナンスを行なえます。
また、開閉式のスライド構造になっているため摩擦がかからず、歯が動きやすく痛みも少ない特徴があります。