正中離開(せいちゅうりかい)とは

不正咬合の一種。
上顎の前歯の歯と歯の間に隙間ができている場合状態。いわゆる「すきっ歯」別名「空隙歯列」ともいいます。あごの大きさに対して歯が小さい場合や、生まれつき歯の本数が足りない場合に起こりやすいといえます。また、噛み合せそのものが原因の場合や上唇の中央のスジ(上唇小帯)が強すぎる場合など様々な原因があります。