弄唇癖(ろうしんへき)とは

唇を前歯で噛んだり、吸い込んだりする癖のこと。総称。
唇の力が常に歯にかかることになるので、不正咬合の原因になります。最も多いのは下唇を咬む癖で、この癖があると上あごの前歯は前方に、下あごの前歯は内側に倒れることになり、出っ歯の原因になります。