親知らず(おやしらず)とは

第2大臼歯のさらに後ろの大臼歯。第3大臼歯、智歯。
歯が生える時期が20歳頃と遅く、また、歯ならびの後方において、親知らずが生える場所が足りないことが多いため、埋伏したり中途半端な生え方になるばあいがほとんどです。
さまざまな歯科的問題の原因になる可能性が高く(矯正治療と関係なく)抜歯されることの多い歯です。歯列矯正においても、親知らずが邪魔になって歯の移動がうまくいかない場合や、かみ合わせの邪魔になる場合には抜歯をします。