局所麻酔(きょくしょますい)とは

治療の際に、局所(身体の一部)の近くを消失、または鈍麻させること。
歯科治療においては、治療の時に歯ぐきに麻酔をしますが、これを局所麻酔と言います。
意識消失を伴う麻酔は全身麻酔。歯科治療では、局所浸潤麻酔、表面麻酔、伝達麻酔などが使われることが多い。