外科矯正(げかきょうせい)とは

不正咬合の問題が重度な状況であり、通常の矯正治療単独では最良の治療結果が得られない場合などに顎の骨の外科手術を併用した歯列矯正を行なうこと。
重度の骨格性の反対咬合、上顎前突、開咬、交叉咬合などが外科矯正にて治療する割合が高いです。