「痛くない治療」とは何ですか?

「痛くない治療」とは何ですか?痛みが全く無いのでしょうか?

一般の歯科治療の場合は、虫歯など歯や神経そのもので痛みを感じています。治療時に器具が触れたり、振動することによって痛みを感じるのはそのためです。歯科治療の場合は、麻酔を利用する事で治療中の痛みを抑える「無痛治療」などが謳われることがあります。いわゆる痛くない治療です。

矯正歯科の場合は、歯科治療で言われる痛くない治療(無痛治療)とは少し意味合いが違います。矯正治療は歯に力を加える事で、一方の骨が溶かされ、もう一方の骨が造られる造骨作用を利用して歯を理想的な位置に移動します。ご自身の持っている自己治癒力を活かした、身体に優しい治療です。

治療を院内だけで行う歯科治療と違い、矯正治療は装置を付けて歯を動かしている間が治療期間ですから「痛みの質」が違うということになります。矯正の痛みは歯の移動に伴う痛みと、矯正装置がお口に当たることで感じる違和感や痛み、「2つの痛み」に分けられます。そこで、渋谷矯正歯科では、当院独自の「痛み止めケアセット」を全ての患者さまにご提供しています。この2つの痛みを柔らげる、ワックスやシート、そして痛み止めのお薬をセットにしています。

また渋谷矯正歯科では、歯の移動がスムーズに行える痛みの少ない新タイプ矯正装置のご提案。レーザーやを用いた痛みを緩和させる治療のご提案など、特に痛みに敏感な方に配慮した「痛くない治療」を実践しています。