歯列矯正の口コミ・評判

study_51_ph01

出っ歯(上顎前突)の矯正症例

出っ歯(上顎前突)の原因には上あごの骨が前に出ている場合と、上の前歯が出ている場合と、両方あてはまる場合、下あごが引っ込み過ぎている場合とがあります。

study_51_ph01

受け口(反対咬合)の矯正症例

受け口(反対咬合)は、上顎前突の逆で、下あごの骨が上あごよりも出ている場合や下の前歯が前に倒れている場合などに起こります。

study_51_ph01

インプラントの矯正症例

インプラントスクリューという小型のネジを固定源にして歯の移動を早めることができます。一般的に知られているインプラント(人工歯根)とは違います。

study_51_ph01

クロスバイトの矯正症例

上下の歯列が前後に、あるいは頬側と舌側で交叉する噛み合わせのケースをクロスバイト(交叉咬合 )といいます。交叉する場所は一箇所だったり、数箇所だったりします。

study_51_ph01

噛み合わせの矯正症例

噛み合わせは一口腔内(お口の中すべて)を理想的な状態に治療します。噛み合わせの改善で歯並びだけでなく頭痛や肩こりの改善につながることがあります。

study_51_ph01

シザーズバイトの矯正症例

シザーズバイトには、顎を横にずらして咬んでいるような、機能的問題の原因になっている場合があります。

study_51_ph01

ディスキングの矯正症例

ディスキングとは歯の横の面をエナメル質の範囲内で多少削って、歯の幅を小さくして移動スペースをつくる治療方法です。

study_51_ph01

女性の矯正症例

女性の治療法は、矯正治療のみで大部分の症例が治ります。

study_51_ph01

顎のズレ(顎偏位)の矯正症例

あごが左右対称ではなく、曲がっているケースを、顎のズレ(顎偏位)といいます。顎のズレ(顎偏位)は、顔に中心線を引くと、あごの先が左右にずれています。

study_51_ph01

叢生(乱杭歯)の矯正症例

でこぼこした歯並びのケースを叢生(乱杭歯)といいます。八重歯もこの叢生に入ります。むし歯などで乳歯を早く失ってしまうと叢生になりやすくなります。

study_51_ph01

開咬(前歯で噛めない)の矯正症例

開咬(前歯で噛めない)は、噛み合うのは奥歯の数本だけでそれ以外の歯は噛み合いません。食事のときには前歯で噛み切れないため、苦労します

study_51_ph01

過蓋咬合(噛み合せが深い)の矯正症例

過蓋咬合(噛み合せが深い)は、噛み合わせたときに上の前歯で下の歯が隠れてしまいます。そのままにしておくと、前歯の前突が進行するので早めの治療が肝心です。

study_51_ph01

すきっ歯(正中離開)の矯正症例

すきっ歯(正中離開)は、あごの大きさに対して歯が小さい場合や、生まれつき歯の本数が足りない場合に起こりやすいといえます。

study_51_ph01

男性の矯正症例

男性の治療法は、矯正治療のみで大部分の症例が治ります。

study_51_ph01

抜歯の矯正症例

抜歯する本数、カ所は症状によって異なります。 抜歯の治療法は、裏側矯正の基本的な治療です。

study_51_ph01

非抜歯の矯正症例

非抜歯での対応は症状によって異なります。
非抜歯の治療法は、裏側矯正の基本的な治療です。