【総院長ブログ】日本矯正歯科学会に参加しました

こんにちは、総院長の東海林です。


11月7日から11月9日かけて徳島市内で開催された「第75回 日本矯正歯科学会大会」に参加しました。3日間ともに魅力的な講演やシンポジュウムがありましたが、日々の診療もあり8日のみの滞在となりました。



今回は私たち「渋谷矯正歯科」が、5年ほど前から取り組んできた『歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療後の長期安定性』という臨床セミナーがありました。別名「インプラント矯正」とも言われるもので、歯科矯正用の安全な小さなネジを使ってテコのように、歯を移動させる治療法です。



顎の骨に固定するために「痛い」と思われがちですが、実は固定ものものの痛みはほとんどありません。


また最近では「ガミースマイル」という笑うと歯ぐきが見えすぎる症状の治療についても用いられています。これまでは美容外科でのボトックス(ボツリヌス菌)注射を使った「ガミースマイル」治療が一般的でしたが、矯正歯科医による根本的な治療が近年、見直されています。


短い時間でしたが、志を同じくする諸先輩方や仲間のドクターに会え、心身ともにリフレッシュすることができした。



ロイヤルカスタマー表彰式

また、本学会大会に合わせて『歯科矯正用アンカースクリュー』の皆さんトップメーカーでもあるプロシード社よりロイヤルカスタマー表彰式のご招待を頂きました。


相変わらずこういった場は気恥ずかしく(笑)、本音では遠慮したいところですが、こうして表彰の機会頂けたこと、また治療を通して私にきっかけをくださった患者さんへの感謝もありますので登壇させて頂きました。


今後ともお一人でも多くの方に、心からの笑顔と健康をお届けする治療を、矯正歯科の専門医として続けて参ります。2016年ものこり僅かとなりました。私たち「渋谷矯正歯科」グループは、患者さまの笑顔と健康のために前進を続けて参ります。今後とも、職員一同「渋谷矯正歯科」グループをよろしくお願いいたします。